日記

冬至過ぎ 冬至じゃねぇっつの。まだいちおう11月にゃり。


今年もあとわずかですにゃ。
光陰矢の如し。歳月が矢のようだ。放たれた矢は二度と戻ってはこないにゃ。
弓を引きすぎて左の手の上からポロリと落ちたら矢は足元に落っこちてしまっているわけですよね。
戻ってくる事があるかもにゃ〜(=^^=)あ、矢を拾うのね。
「そうじゃないかw」

お寒ぅなりましたね。
みなさまにおいては風邪などひいておられませんかにゃ?
山の猫です。こんにちにゃ( =^ー^=)ノ

いきなりですが、三叉神経に異常はありませんか?「さんさしんけい」は一言では説明できないくらい頭部にたくさんある神経です。
味覚や嗅覚はもちろん関係しますが、眼の神経とか上下顎とか口腔内とかまぁ色々な組織を支配する神経が三叉神経なんですねぇ。
wikipediaさんから多くの情報を得られますね。編集している方々には感謝の一言です。
「編集」って項目もたくさんありますけれどね。頑張ってください。
寄付したいけれどカードのみって書いてありんこで、躊躇しておりにゃす。他にも支払い方法があれば寄付したいにゃ。


あたくしの場合は・・さあどうなんでしょう?頭部のMRIを撮ったのははるか前の事です。
医者は数値や画像でさまざまな病気や怪我の状況を判断されますよね。
正常値という数字と正常なレントゲン写真がそこにあって、異常値を示す数値と異常だと思われるレントゲン写真があって比較さえすれば、素人にだって診断できますよね。そうなんですよ。
猫にもわかる病気や怪我って事になります。

症状っていうのは心の中にも潜んでいるんじゃないかな?
どうしてこの患者さんはあのニオイがわかるような感じがする時期があったのに、今は再びニオイがわからなくなったのでしょう?なーんて考える医者がいらっしゃったら嬉しいね。
けど、その個人個人の生活習慣とか家族との関係だとか、悩みだとか全てを聴いて考えるなんて、多忙な医師にはできませんよね。(多分)待ち時間1時間、診療5分の病院がほとんどです。
サラリーマン医師は給料も安いのが現状。そらー育たないわにゃ・・と一猫事。
それとにゃ、人生経験の浅い若い医者はにゃ、苦労した人の紙芝居とか見てくれにゃ。
もそと世間を知ろうよ。人間ってぇ生き物を知ろうよ。感情ってもんがあるんだぜにゃ。(あ、おらは猫ですにゃが)

山の猫にはこんな経験があります。
手を打撲した時に、すぐに病院にいかなかったのね。けど普通の痛みじゃにゃいから〜・・行くか・・と、でっけぇ病院に行った時に(中略)「医者を信用してください!」ってにゃ、若僧医師に言われたにゃよ。
( ゚Д゚) まじかー?そんな言い方あるんかー?と思って傷ついたけど傷ついていない振りをしたにゃ。
診療結果は打撲なんで曲がっている指をリハビリしなはれというものでした。は?まじかー?そんだけかー?

けどPAINE〜ベリーベリー痛い。痛みから言っても正常じゃないだろってんで専門病院に行ったらね、腱が切れてたんですよー。
直ぐにオペしていたら繋げた腱ちゃん。痛い屋けんちゃんにゃ〜( ;∀;)
時すでに遅し(苦笑)そのまんま山の猫だす。

そんでもってこんなことがあると、医者不振に陥るわけだw

山の猫が若い頃はね、医者かぁ、すげぇにゃ〜。頭良いにゃ〜って思っておったにゃよ。病気怪我を治せるスペシャリストが医者なんだと思っていたにゃよ。
しかし、あまりに沢山の病気やケガを繰り返してきてさまざまな医師に出会って分かった事があるにゃ。

本当に尊敬できる医師は一握りであるにゃす。

たまたま膝と皮膚に関しては素晴らしい先生に出会う事ができたので幸運にゃった。
不思議と素晴らしい医師は同じ事を言います。何かってにゃか?

山の猫は、今年色々と病気した際、複数の先生に同じ質問をいたしました。
「せんせー、山の猫は更年期にゃか?老化してんのかにゃ?抵抗力が弱くなってきてるにゃか?」と。

素敵な先生お二人は全く違う病院で、違う科にゃりよ。
お二人の先生が言われたお言葉は、「それはにゃ(にゃとは言わないが)そんなことは、万が一思ってしまってもクチに出さないにゃり(にゃりとは言っていないが)。若いんだぞーさん(ぞーさんとは言っていないが)」

そう、思っても自分で口に出すと、(お?そうなのかなぁ?年なのかな?老化?)がいつもいつも脳に焼き付き、結果細胞が(あら、そうなの?)ってご期待に応えてしまうことがあるって事なんですよ。

お二人の先生は有名な先生なんです。テレビで有名とかではありません。その道でという意味です。
その科で知らない先生はいないというくらい優秀な先生でございますにゃり。
だけど威張ってなくて普通に山の猫とお話してくださる先生にゃりんす^^

でね、優秀な先生ってやっぱり言う事が同じなんだなぁって思ったんですにゃよ。
そう思いませんか?

一般的には、山の猫の質問に対してどう答えるかというと、「まあね、年齢が上がってくるとね・・・」とかいう言葉が出るんじゃないかと思うのです。
それが「思っても 言わないっ!」おまけつきで若いんだからw

いやはや何とも嬉しいお言葉ですにゃ。


だからにゃ、山の猫は「おー、今日も元気だ細胞が若いっ!」って言うようにしたにゃり。

つい先日入院しとった山の猫が言うのもにゃんですが('◇')ゞ
それはそれ。なってしまったものはしょうがにゃい。

雪が降っても乾燥したりする冬ってぇ季節は、口元鼻元が乾燥しないようにマスクして過ごしましょう。

今年の風邪は喉から?らしいですにゃ。
初期の喉の痛みが一番辛いにゃりで、湿ったかーぜで鼻を防ぐにゃや〜(笑)
ちゃんと呼吸ができるように調整してね。胸に塗るお薬もあるでにゃ。工夫すれば大概の事は何とかなるものです。
無臭リップクリームがおすすめニャ〜(= ^^)_/^

野菜が高騰しております。「お野菜が高いから、最低限のお野菜しか買えないわ〜。」って、おばはん、そのバッグはコーチとかヴィトンとかじゃねぇか?1980円の安売りしているマフラーを買うくらいだったら800円の白菜買えにゃ〜と言いたい山の猫でございますにゃよ。農家の人も苦労してんだぞ。買おうよ。

物の価値ってのは順番がありますねん。
おらたちが生きてるのは食ってるからだろ。食べるものが先にゃ。ましてや食べられるのに高いから〜って言うでにゃい( `ー´)ノ


では、今月はこの辺でにゃ〜ん(*´▽`*)

(11月21日)


ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

備忘録

輝くメダリスト山の猫(=^・・^=)な訳にゃく。。。

Olympicの日々が一旦終わりますね。次はParalympicsですよー。
山の猫はあまりテレビは見ないのですが、ニュースは見ます。しかし、どの時間帯のニュースもオリンピックだったりしてびっくらこきました。他にニュースはないんかぁいw
リオの街も日本くらい平和だと良いのににゃ〜。前々からブラジルのリオデジャネイロというと、危険地帯で有名でした。
リオのファヴェーラという貧困の町では犯罪が多く猫さえ見かけませんが、どこかに猫ちゃんは隠れているのかしら?とか心配するくらいでした。
輝いているオリンピック競技場の様子ばかりが映し出されているので逆に街に住む人たちの平和とか平穏な暮らしができていないという裏話が気になる山の猫でした。金の数とか銀の数とか銅の数とかはその国の支配の仕方や経済の状態と比例しているのかしら?とかね思うにゃですよ。あ、埋蔵量の話ではなくて(笑)メダルのお話ですからね^^;
どこもかしこもどんな国でも民といふものは平等ではないんですね。味がするしないも平等じゃないしにゃ(そっちは関係ねぇか。)
もうにおいがわからない事なんてどうでも良いわと思いながらも表彰式で表彰台に立っている選手の汗を見て、みんな違う汗のにおいがするんだろうかにゃ?(=^・・^=)などと失礼な事など想像する山の猫でした。
ちなみに汗のにおいは未だわかりませんにゃが〜(=^・・^=)キリッ!
何事も裏事情がつきものですね。
メダルを取れた人も取れなかった人も私たちには想像できない努力の日々の積み重ねがあった事でしょう。

吉田さんはレスリングで負けるはずが無いと思っておりましたが銀メダルでしたね。
ご本人は自分の力を出しきれなかったと泣いておられましたが、山の猫は即座に思いました。
お父さまが「この大会で終わりにするなどと言うな。これからまだレスリングをやり続けてあなたを倒せる女子が出てくるまでは続けなさい。東京オリンピックの時までそういう人が現れなかったら出るんだぞ。」と、仰ってたんだろうなぁと。


ご挨拶が長くなりましたがみなさまにおいてはお盆の帰省とかされましたか?また少しはニオイに変化があったでしょうか?山の猫ですこんばんにゃ(=^・^=)


梅雨明けくらいにはブログ更新しますなどと書いておきながら気がつけばもうちょっとしたら9月になっちゃうようです(;゜∇゜)
この夏は暑かったですね。・・と、多分ですが昨年も書いているはずw

で、味覚と嗅覚はどうなったぁ?ですが、暑さのせいなのか加齢のせいなのか(違うと思いたい)ほんっとに秋台風並みの迷走ぶりでし。え?秋台風って速度あげてびゅーんと通り過ぎるの?あらら?ま、いいやw
プリッツは山の猫にとっては臭い食べ物に分類されているのですが、えぇそうなんですよ。最近芋味のプリッツを見つけまして、芋ならイケるんじゃにゃいかい?と思い試しました。
その時たまたまテレビでオリンピックの表彰式をやっておりまして、目の前にいる同居猫が「どうね?」と聞いたので「銀だにゃー!」と答えましたら、「そうじゃなくて、その芋プリッツの話しだよっ。」
と、イラ〜zチな言葉が返ってきました。
人は、あ、いや・・猫も話をする時には目というかきちんと顔を見てお話しましょうよ。ねぇ(笑)

で、銅よに対してはw 「うーん、まあ食べられる。けどこれ芋って感じでもないんだよねぇ。」
でございました。「ざんねーんにゃ」

「とらや」という菓子の名店が、見た目は寿司だけどスイーツだよー・みたいなさまざまな商品を販売していますね。
まさに味覚錯誤の世界へようこそです。

見た目ではわからないんですよ(笑)何となく山の猫としては嬉しいニュースがこの夏ありましたよ。
まあ、くさいものに変換されることは普通(普通も色々ですが)の人にはないかもしれませんが、蕎麦だと思ったものが餡子だったりすると脳の味覚を感知する機能はちょっと戸惑う事でしょう。そんな面白おかしいスイーツ屋さんも増えたようです。
そういう食べ物を口にする事で味覚障害の人の気持ちが少しでもわかってもらえたらいいにゃ〜(=^・^=)hahaha

この夏は友人らが集まる日がありまして(毎年の恒例行事)山の猫が手をブルブルと振るって料理を作ります。
簡単なものしか作りませんが、そこそこ味がついている食べ物であればメニューに関係なくマヨマヨとかケチャッケチャッとか塩があれば味は個人の好みで調整できますにゃ。素材の味を生かして味付けはほとんどしておりませんからにゃ〜と言うと、もうみなさん私の味覚嗅覚に関する事はご存じなので「御意ぎょーい」と言ってくれます。

ご家族や友人には自分の状態を伝えておく事で自分が楽できますよ^^

そういえばオリンピックのリレーは見ました?素晴らしいバトンタッチでしたね。
リレーの選手にリポーターが「バトンを受け取った後、どこを見て走ったのですか?」みたいな質問があったにゃよ。間髪入れずおら〜言ったさ「前!しかねぇだ!」(笑)つか、後ろを見て走るバカがどこいるだ?他の選手眺めて走るやつがおるんかい?自分のレーンの前しか見ないにゃろ?

山の猫はちっせぇ頃は必ずリレーに出ていましたにゃ。中学までの9年間リレーに出て全て一位のチームだったにゃよ。春に運動会をやっていない学校はこれからですにゃー。
親御さん方、リレーで走る子供をどうか褒めてやってつかぁさい。山の猫は婆猫以外には褒めてもらえんやったんですよ。頑張って走ってメダルもらったって、その先の社会で役に立たないしぃとか思ってるそこの親ごさん、子供は金色に輝きたいんだぜにゃ〜。話がリレーにいっちゃいましたが、味覚や嗅覚もバナナからナシへ、"無し"からシークワーサーで有りだぜーみたくね、バトンをもらった瞬間に味の違いがわかるようになりたいものですにゃ。いや、なってやるさぁ。
その為にも甘いものから塩っぱいもの、辛いもの、酸っぱいものとタスキを渡して(それ駅伝)味覚嗅覚神経に運動をしてもらうにゃり。

って、結構オリンピック見てるじゃんにゃ?

沈黙は金にゃりども愚痴ってもええんやで〜ってなつもりで明日にGO。
(ポケモンっすか?やっておりませんがにゃ♪)

Paralympicsも知り合いが出場するので応援しまーすにゃ。
どなたかってにゃか?内緒(=^・^=)

残暑はまだまだ続きます。後悔しないくらい色んな物を好きなだけ食べておきましょう。
熊では無いのですがにゃ(=^・・^=)/季節は秋ですから^^


ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

備忘録

何かくさいんです


涼しくなりましたね。
って、まだ6月ですが関東の夜は結構涼しくなっちゃいました。
みなさまにおいては風に吹き飛ばされて怪我などしていませんかにゃ?

山の猫ですこにゃにゃちは(=^・^=)

ここのところ家の中で一ヶ所だけどうしても臭い場所がありまして、それを同居人にいくら話をしても理解してもらえませんでした。
ちなみに畳のお部屋はありません。

暖かくなった最近、板の間の絨毯をぼちぼち干して、仕舞いませんかにゃ?と同居人に言いました。
同居人が重い絨毯を丸めました。すると、なんとっ!!

絨毯の裏側とフローリングの一部に、リアル猫さまのゲロのようなものが染み込んだと思われるシミがあったのです。

もうすでに乾いていますがシミですよ。

本来のニオイはわからないけれど私の嗅覚はマジで犬並みじゃ。
猫並みじゃ。あ、猫でした(=^・・^=)「山の中の山猫か」

で、乾いたソレはどのようなニオイがするか?というと、これが不思議丸めた絨毯からは臭わないのですよ。
ところがどっこい同居人は丸めたらニオイがわかるというのです。

コナン君がいてくれたら・・(笑)

で、思ったのですが板とウールがゲロの酸に反応した痕跡のようなものが私には臭ったのではないか?
って、そんなこたぁどうでも良いですにゃね。

ま、何かがにおうという事実に喜びを禁じ得ませんでした。
同居人に勝った気がしましたしね。(V)o¥o(V)ふぉーっふぉ。

それと犬の処方食缶詰事件のご報告です。
犬はソレを食べません。なぜに?と思い山の猫は食べてみました。
「何だ?こりゃー!どこの世のたべものじゃ?」(;゜Д゜)
この世の物の食べ物とは思えないくらい不味いのです。そりゃ犬が食べるはずが無い!

と?数日後、バクバク食べ始めました。
んー・・・なぜに?
山の猫のかかりつけ医者に聞いてみたところ、わんころが食べなかった時って多分犬自信の具合が悪かっただけで食欲が無かったのではないか?と(;゜∇゜)え?)そなの?

そ・・そうにゃか。過信は禁物にゃ(=^・・^=)
と、ちょと反省。
ま、そうだろうなぁとも思ったにゃよ(; ̄ェ ̄)
と、ちょとがっくりしたが直ぐに立ち直りました。

まだまだやらねばならない事が山積しているからにゃのだー!

次回は梅雨明けくらい更新になるかにゃ?

暑くなったり寒くなったりしますが、暑い日は水の事故に気をつけて下さいにゃ。
それとくれぐれも人生のアクセルとブレーキを掛け間違えないように気をつけてにゃ〜。
山の猫も気をつけます。

にゃらばっまたにゃっ(=^・・^=)/~~


ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

<<前の3件  .. 3 4 5 6 7..  次の3件>>


Powered by Seesaa