備忘録

塩分必須な夏


ん?あれから6年半かにゃ?
ふと振り返ってみるにゃり。あぁ、ニオイも味もなくなって郷里に戻らねばにゃらんとなったあの日あの時・・相当辛かったにゃ。
家族の心無い一言や行動「ほら、これ、このにおいわかんない?」腐ったもやしを目の前に差し出されたあの日。
「おら、これ食えるけど?」と答えたにゃ。
だから、わかんないんだってばにゃ!!と怒りたくなる気持ちは、すり減った精神力によって抑えられ、フッって吹っ切って傷ついていない振りしてにゃ〜んとも・・傷口に塩をすり込まれても一鳴きもせずでしたわ。
そこで一句。【おら元気 なんと「どえむ」な 山の猫】

真夏の太陽がサーン!sunと「あやなみー!」違うだろにゃっ!それを言うなら「アシタカー!」にゃりね。
明日か・・あ、この暑さでボヘーッとしている山の猫です。
みなさまにおいてはご機嫌いかがですかにゃ?

相変わらずドMな山の猫です。こんにゃちは(=^・^=)/

ふと思い出したのです。においや味がなくなった初めての夏の事を。
お腹が空いたとか喉が渇いたという感覚がとても鈍くなっていて、気がついたら喉がカラッからになっていたり、何食もの食事を抜いてしまっていたりした6年前の夏の事を。あれ?7年前だっけか???(ま、いいやw)


今年は暑いにゃと毎年言っている山の猫ね。リアルな日記で昔の毎年、その日その日を見てみると、夏ってのは案外短いって事にも気づかされました。
不快な日々は長く感じるんだね。ただその感じがするだけで毎日毎日あーっ!毎日よーっ!あっついでぇ。
などとね思ってしまう。
けれど喉元過ぎればpko法案・・じゃなくてw熱さ忘れるんですわ。
喉にある時はえらい熱いはずなのにね。

って事で、ちょいと最初の自分を振り返ってみたにゃりです。


山の猫が作るカレーは、家族も友人も「すごーく美味しい」と言ってくれるのであります。
普通のカレールーを使って作るカレーは山の猫にとっては不味いカレーになるので山の猫オリジナルカレーというものを作っております。
これは体にも良いかも。
使うのは、小麦粉、〇スビーの粉のカレー粉(粉粉ですんません)とウコンと、とめぇいとぉ。唐辛子とガラムマサラ。潰した木の実クランベリー。たっぷりの玉ねぎと人参と少しの豚肉か牛肉。少量のバターと亜麻仁油。水の代わりにドリップコーヒー少量とワイン少量(どちらも50ccくらい)
アマニ油はαリノレン酸を摂る事ができますにゃ。君が3つ?おめーが3m_ _mスミマセン
オメガ3脂肪酸は免疫機能を上げる効果があるにゃでね。アレルギー改善にもちょいと良いのではと思います。

で、これらの材料で作ったカレーは辛いけど甘いのね。山の猫にとっては。
他の人にとっては程よい酸味があるようです。
だよね。だよねぇ(-.-)酸味ねぇ。トマトもクランベリーもワインも酸味あるねぇ。
けど、美味いなら良しですよ。酸味は旨みとも書きますが旨味は甘味とも書きます。
私の味覚は正常って事ねぇ。。。え?)えーっ?ですが、甘いんですよ。酸っぱいと皆が感じるものは甘くて旨味があるのですっ!

どぞー、高血圧の方もこの旨味で味を濃く感じて減塩してください^^なんちゃってね。
つい最近TVで何やら塩っ気の感じ方みたいな事を放送していたらしいですね。
塩っ気も全く感じなかった頃の山の猫は、何を食べても食感でしか判断できませんでした。
そう、そうだったって事も最近忘れていました。(良い事なのか悪い事なのか)

今、塩っ気が分かるから食感と合わせて美味いと感じるんです。
全く味が分からなかった時を経て塩分の味が分かりだすと、他の人にわからないくらいの塩分に反応するようになっちまいましたよ。

食事は目で楽しみましょうって言いますが、目で見て不味そうってやつは味がわからなかった頃の山の猫にとっては「フライ」というだけで「砂まみれな物」でした。
そう、目で楽しむどころか目で楽しめなくなっていました。
味覚錯誤が始まると、さらに目で楽しめなくなりましたにゃ(=^・・^=)「にゃんだ?この臭い食べ物は??くさそうな食べ物にゃ。」
ま、そういう事は今でも多少続いておりますが、ほとんど気にしておりません。
にゃんのこれしき。味がわかんないくらいではもう落込まないよ。それよか足は治ってるのに一年間も使っていなかった足首や足の指、足の付け根の腱が固まってた事に気付き、腱を伸ばすストレッチのキツさに落込むす。加齢も加わって尚更の事やる気が削がれるのであるるの女猫。
とか、まあ色々と気持ちをはぐらかすための工作には材料があり過ぎる山の猫でございます。

今は結婚式とか食事が付き物のパーチ―には呼ばんでおくれ〜!とか(笑)
思いますわ。そんな山の猫なので食中毒には無縁ですな。
不思議だと思いませんか?市販のお弁当とか給食等で食中毒になった事例はいくらでもあるけれど、家族が作った弁当で食中毒って話はほとんど聞きませんよねぇ。
安全な家族食堂で、食事はしっかり摂りましょう。なーんちゃって。
(手抜きしたいけれど市販の弁当とかお惣菜が食べられないので自分で作るっきゃないのだよという言い訳みたいなものなので、そこんとこよろしこです。)

あと5週間もすれば9月になります。そこそこ暑いかもしれないけれど、暑いと肌が感じるうちは体が正常って事だという事ですから喜んで暑さを感じますともにゃ(=^・^=)/

水の事故やその他の事故に気をつけてこの夏を乗り切りましょう。
海水塩分摂りすぎ注意にゃ(=^・・^=)洒落にならんぞにゃ。

味覚で塩分を感じにくくなっている方々は、ミネラルと水分をしっかり摂る事を心がけてくださいませ。
皆さまお体に気をつけてにゃ。少しだけほんの少しだけガンバにゃ♪

寄生虫帰省中には車の事故とか気をつけてニャ(=^・^=)

ではまた秋までにゃ^^/夏休み♪
(=^・・^=)え?)


ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

備忘録

春の鼻水

春にゃね。
春なので人によっちゃ誰かに監視されてるにゃとか、電波が見えたり刺さったりと訳の分からない事を言い出す人もいたり・・にゃ?
刺さったりするのはいわれなき攻撃性のある言葉であるニャ。
吾輩は山の猫にゃ、仕事はまだにゃい(まかないという意だったりする)。
あ、すみません春だけに頭がぼーっとしております山の猫です。みなさまにおいてはご機嫌いかがですかにゃ。入学おめでとうございます。入社式おめでとうございます。というご家庭も多かったのではないでしょうか。

味覚嗅覚の錯誤が100%治った!!

ら、(笑)
もしもね、治ったら、チーズの食べ比べをしてみたいと思っております。
チーズといえば昨年は食べられたりチーズのような味がしたりでしたし、たまにまたまた食べられないといったような事もありました。
2015年の山の猫の味覚はすごいですよ。ブルーチーズ二種を食べ比べしてみました。
どこのメーカーって、どこか海外のやつですがwお店でいただいたのでどこのブルーチーズなのかが分からなかったのですよ。
そこで、メキシコ料理メキシカン料理っつうんですか?あれ。
トルティーヤ(tortilla)を食べたんですが、ソースってんですかな?あれは?それに入っていた事に気づかずに食べてしまいました。
味が分かる頃、私はブルーチーズって超苦手でございましたの。それが食べられたんですわw
どこ産のブルーチーズだったのでしょうか?
って、わかんないよにゃ(ーー;)トウモロコシの粉だか小麦粉だかわかんないけれど、タコスみたいなあれね、あれ。
あれは美味いっ!ワカモレっての?アボカドをつかったソースかな?
アボカドも食べられたって事ねぇ。
酸味があると友人は言っておりました。だから甘かったのね(笑)
フランス、イタリアのブルーチーズって有名よね。ロックフォール?ゴルゴンゾーラ?
多分一軒目のそれはコルゴンゾーラだったのかも。
何となく。まぁ何となく。
次にいただいたのは本格的なお酒とブルーチーズとその他のチーズでしたの。
その他のチーズはショッパイなぁという感じでしたが、ブルーチーズは・・ぐっぐっだめだ!もしかしたら羊乳かもと思ったのね。それはラム肉と同じくしゃいでしたの。高級チーズなのにもったいないぃorz

という事で、チーズと言ってもさまざまな種類がありそれぞれ味に特徴があって食べ比べをしながら楽しめるる食材だよなぁ・・なんて再認識させられましてね、完璧に味が戻ったら挑戦してみたいと思いましたの。

さて、旨みは感じておりますし塩素やアンモニアなどのニオイの識別はできるようになっています。
チョコレートはアメリカのまずい甘いだけのwチョコレートが大好物になっている山の猫ですが、日本の繊細なミルクチョコってやつも食べられるようになってきました。すごーいことです^^

友人のひとりに鶏肉と豚肉の違いが分からぬと言っておる人がおりましてね、その人は健常者ですよ。
そうそう、そうなんですよーお姉さん!と言いたくなりました。
また、その方はコーヒーの香りは「焦げ臭いんだよっ!」と言うてましてね、嗅覚錯誤が始まった頃、確かに焦げ臭い感じだったんで、それも笑えました。
健常者も味覚嗅覚錯誤者もそう変わらないんじゃないかなぁ?
前にも書いておりますけれど、子供の好き嫌いも同じく慣れ親しんだ味と、どうやっても受け入れられない味ってのは個人差があって当たり前なのではないかと思うと、もはや私の味覚錯誤は錯誤では無いのではないかと思うくらいなのでございます。
酢は甘いのままですが、料理に酢を使っているものがありますよね。酢豚とかね。熱を入れて酢を飛ばすと甘味や旨みになりますよね。私の場合は火を入れなくても旨みや甘味に感じられるですよ。どーだー!(=^・・^=)

とか、言っておりましたら、どうやらアレルギー性の鼻炎が始まったようですorz
花粉など無縁だと思っていたのに、ハラヒレホレハレ(p_-)鼻水が出ると味がまーたわかんにゃいっす。
まあ他にもちょいと病気が発症しそうなので、それくらいどうって事ないわってのが本音でございます。

春は曙 やうやう白くなり行くやまぎはあかりて・・あら?もしや以前にも春に書いてますわねw
旅人なんですよ。人生の旅はそんなに長くありませんから^0^
ま、いいや〜ってな感じです。ワンパターンな味覚も嗅覚もありなのですから文字もワンパターンでオケ。日本語でオケ。はい。
春は花見ずして春鼻水な山の猫でございます。
みなさまが花粉症デビューなさらぬ事を祈りつ、本日はここまで。


この日もこの時ももう二度とない。時間は大切に使おうにゃね^^



ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

備忘録

またまた年末クリスマスから年越し宴会イベント盛りだくさん

衆議院議員の解散、選挙の2014年12月、選挙権がある国民のみなさまは選挙にいきましたかにゃ?
山の猫も人間になって行ってきましたにゃよ。
今年は夏は局地的豪雨、冬は局地的豪雪で町に暮らす猫たちは大変な思いをした事と思います。寒い寒い冬ですが、みなさまにおかれましてはご機嫌いかがかにゃ?

昨年に続き二度目の膝の手術が終わった山の猫は、この数日で自分の足でしっかりと歩けるまでに回復してきました。

この一年でなくなってしまった山の猫の足の筋肉は何か月で回復するかにゃ?
足が曲がっているとどれだけ頑張っても筋肉はつかいにゃいのだという事を知りました。
足も手も真っ直ぐに伸びてしっかりと曲がってこそ筋肉をつけられるものにゃね。
ということで、嬉しい筋肉痛と戦っている山の猫でやす。

この私のどうにもならなくなっていた足を治して下さったM先生のような素晴らしい医者が日本という国にはいらっしゃる。ならば嗅覚や味覚を専門に「私が治してしんぜよう!」と言ってくださる先生はいらっしゃらないものかにゃ?

そそ、そこで思ったことがあるんですわ。

今回手術して下さったM氏は長い目で患者を見て(診て)下さいますにゃよ。
定期的に軟骨や骨の状況を見ながら触診して笑顔でお話してくださいますにゃ(=^・^=)
患者はその医師が偉いとか偉くないというよりも、信頼できるかできないかという事を率直に感じとります。医師が、今の患部の状態を患者が理解できるようにわかり易い言葉でお話してくれる事と患者の普段の生活でとういう事をしているかを聞いた上で、こういうことまではしていいよとかこういう事はダメよ〜とかね、ご指導されます。にゃので、山の猫は安心して頑張れる精神状態を維持しながら足を治す事に専念できるのです。
少々痛くても凹まないのは先生がおっしゃった事を理解できる事と信頼しているからにゃね。
先生が笑顔でお話してくれると心が和んで痛みさえ和らぐ不思議な現象も起こりますにゃ。
不思議にゃ〜(=^・^=)

ということで、長くなりましたがインフォームドコンセントがどれほど患者側にとって大切な事かという事を言いたかったにゃり。
先生感謝してまつにゃよ〜(嬉涙)

クリスマスに向けてシュトーレーンとか作ろうかなぁ?とか思ったにゃすがバターを使うんですよねぇ--;
(植物油でも構わないとはいえ、やっぱバターを使う方が美味しいわよねぇ・・多分。)
カルピスの発酵バターは確か臭いと感じなかったはずだしとか思っていたので注文しようかなぁって思っていたら、10月始めくらいからバターが売り切れ状態になっておりましたにゃよ。

バターを作るためには牛のミルクがたーっくさん必要になるらしく酪農を生業にしているところでは採算が合わないらしいですね。牛乳は牛乳として出荷するのが一番利益が出るのだそうです。牛さんもお母さんにならねば「搾乳してモー」って言えないわけですよね。
さまざま事情を消費者が納得して採算が合う値段としての価格になったバターを購入するようにしなくてはいけないんじゃないかにゃ?
200gのバターを作る為に必要な牛乳の量と手間賃、おいくらくらいかしら?


まぁ世の中の誰かが不飽和脂肪酸がどうのこうのといううんちくを垂れた人の言葉を、まんまSNSで広げる輩がいると急にマーガリンを買わなくなるやつらが出て来る訳で、そのせいでバターもまとめ買いされちゃったりもしたし。安易な拡散は困るんですけどorz
夏場の暑さで牛さんが乳房炎になった事で出荷される牛乳も激減しちゃったりした事も要因の一つなんでしょうね。
食べ物や飲み物で体に悪くないものだけを摂ってる人がどこにいる?
太っている人とか中性脂肪値が高い人は自分の食生活そのものをもう一度見直しなさい!やろ?
単にお菓子の食い過ぎだけだったりするんだから(-"-)

食べられるという事は幸せな事じゃぁないですかぁ。
食べたくても味覚錯誤で食べられないものが仰山ある山の猫にしてみれば羨ましい限りだすお。
食べられないって事と足を治すための運動で体脂肪率が20%を下回ってしまったにゃり。
猫としては死活問題にゃり。ちょっとはふっくらした方が良いお年頃だものにゃ。
ってか、もういいんだけどねぇ。
いや、頑張って治して新しい仕事に早く着かねば!!このままでは終わりたくないっ!と思っている自分と、半世紀も生きたし、もうどうでもいいかぁっていう自分が一日の中で何度も戦っていますにゃ。
どうでもいいと思うなら、やるっきゃないってのもありありですにゃん(=^・^=)

年末に向けては野菜がどんどん送られてきたりしているので下茹でして薄い味付けをした後に冷凍保存してまつ。煮物は美味しく食べられますからねぇ^^リアル鰹節で出汁をとるとたまらんくらい美味い!

味がわからなかった6年前の山の猫は料理もなーんにもしたくなくなっていましたがおせち料理は涙をこらえて作っておったにゃ。
今年は昨年より味覚の感覚?表現として適切ではない感じですが、感覚がちょっと違って塩や砂糖の加減がこれまでにないくらい良い感じでわかるようになっています。

酸味は相変わらずで甘いままだけど、そんなことはまぁそれこそどうでもよいお話ですしね。
ってこれくらい楽観的に物事を考えられるようになりましたにゃよ。

一年があっという間に過ぎていく。昨年の今頃は私はまだ松葉杖を使いながら過ごしていました。
あー、こんなんじゃ来年の年末もあっという間に来ちゃうんだろうなぁ(笑)

みなさまもあれこれと忙しい年末をお過ごしでしょうが、味覚や嗅覚は苦痛にならない香りがする部屋にしたりして適度に休めてあげながらお過ごしくださいませ。

みなさまもお大事ににゃ(=^・^=)♪

予期せぬ自分の未来(悪い事の方)に備えることで悲しみは半減し怒りも半減するにゃよ。
嬉しさは倍になるやもしれんにゃ。山の猫は猫生について、自問自答しながら今年の除夜の鐘を聞きますにゃ。いや、人間にゃんですがにゃ^^酸っぱい思い出でもちと思い起こしてみようかにゃ。きっと甘く感じるかも(笑)←錯誤もにゃかにゃか良いものではないかぁw

シェフ泣かせの味覚障害とか味覚錯誤な山の猫は何でも自分で作るっ!

気が向いたら追記しちゃうにゃ。

ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

<<.. 3 4 5 6 7.. >>


Powered by Seesaa