備忘録

チョコレートとかクッキーとか花の季節到来


気がついたら年が明け、バレンタインデーが@@
もともと感謝や愛情を何らかのかたちで表す日だとかいふお話もあるでにゃ。
とはいえ、お付き合いもあるので友チョコとかご近所チョコとかで山の猫も買いました。
商売が落込む「にっばち」2月と8月の事ね。
ですが、旧正月でちうごくの方々の爆買いと、ばれんたいんでーでもって、日本の経済は昔に比べたらちったぁマシになってんじゃないかしらん?
みなさまにおいてはチョコチョコとお買いものしてお元気にお過ごしでしょうかにゃ?
(ここまでご挨拶にゃ(=^・^=))

チョコといえば思い出すあの臭さ(笑)
今ですか?気がつけば日本製のチョコレートが美味しいと思えるまでに回復しているのでございます。
何ということでしょう(=^・^=)/勝)

食べられるってだけで、何のフレーバーかなどという事まではわかりません。
これ何?ただ甘いけど?(チョコじゃなくてキャラメルです。)
はいにゃ(ーー;)

桃のフレーバーはやっぱ駄目みたい・・ような気がして、食べる気になりません(笑)
無理はしないしない。

ゴディバのチョコレート販売店にちょいと足を踏み入れましたら「ご試食どうですか?」と可愛い店員さんに声をかけられまして、いただきましたにゃ。
同じチョコレートがショーケースの中にありまして、値段を見たら一粒400円くらいだったりしたにゃよ。
えっ@@にゃ〜(=^・・^=)逃げたいw

ま、しかし大人として逃げちゃダメだ×3!!という心の声に勇気を出して味もわかんねぇのにw旦那用に買いましたっ!iにゃっ!!
あ、友人用にも(笑)

チョコレートといえば、スーパーに売っている板チョコね、昔は確か90gくらいでしたよねぇい。
ちょいと前は80gになり、そのうち60gにまで軽いチョコになってるなぁって思っていたら、2016年2月現在、なんとっ!!50gになってっじゃーにぃ〜ず。
にゃんとにゃ?しっかり経済はインフレ傾向にゃ。
お給料は月額で2000円くらい?上がってるけれど、チョコは倍の値段になってんだよねぇ(-.-)
納豆も1パック40gしか入っていない。3割くらい値段が上がったも同然なのよねぇ(-.-)

とか言っても山の猫はあんまり板チョコとか買わないのでいいんですけどぉ。
(チョコは賞味期限が長くて非常食になるので災害時用に備蓄食品として少しは買ってるにゃよ。)

味覚もインフレ起こしてくれんもんかにゃ?
うぉー、以前の倍のにおいがするー!!とか・・hahaha無いかw


山の猫があげたチョコレートのお返しにはクッキーはいらねーからにゃ〜と伝えてありますにゃよ。
もっちろぉん、事情を知っている方々ばかりなのでクッキーを買ってくれるくらいなら黒砂糖にして〜って(笑)
ま、気持ちなんでね、お返しを期待してプレゼントをしている訳でもないので本当は何もいらんのですよ。

東京は2月14日バレンタインデーに春一番が吹きました。
で、気温が上昇して植物が勘違いするんじゃにゃいかな?ってくらい暑くなりました。
2月に半袖で過ごすなんてめったに無い事ですにゃ。
湿度も気温も高かったせいか、何か妙なにおいがしました。
車とバイクの排ガスのにおいは、香水のように良い香りでしたにゃよ〜♪orz

「くっさー」と思えるよりは良い事ですにゃ^^

色々と混乱が起こっている2月。嗅覚味覚が混乱する事の方が気分が乱高下しますにゃ。

気分って大切にゃよ〜。
なんちゃーない事や、今の株価も円高もと思っていれば何とかなるものかもしれまへん。
においも味もそう、なんちゃーない。とりあえず食べられるという事に感謝しておきまひょ。

健常者であっても暑かったり寒かったり高気圧から低気圧になるだけで体調は壊しますからね、味覚や嗅覚に異常がある山の猫は、低気圧だと味噌の味がどう感じるか?とか高気圧だとどう感じるか?とか自分の嗅覚や味覚でもって統計を取っておりますにゃ。
それと気圧の変化は家族の誰よりも敏感に感じるようになっておるにゃ。不っ思議ぃ〜。
味覚嗅覚が元に戻ったら、逆に色々な事に対して鈍感になったりしてにゃ(=^・^=)それはそれで嬉しい事とも思えるか。って事は、どっちでも嬉しいって事にゃり。

来月はまた病院に行く日があるにゃり。
みなさま、何事に対しても諦めたらそこで終わっちゃうので、とりあえず諦めず、けれど急がずボチボチッと色々試してみましょう。
嗅覚味覚の異常は一過性のモノも多いです。

お医者を選ぶならば、メンタルな面も含めて診て下さる先生に出会うまで病院を変えるにゃよ。
インフォームドコンセントをしっかりしてくださる医師を選ぼうにゃ(=^・^=)/


認知症の母猫入院中。あと2か月で移動させねばにゃり(涙目)

認知症も味覚嗅覚障害も、さまざまなアミノ酸摂取とタンパク質摂取で何とかならんものかにゃ?
とか、独り言をいっている山の猫でございます。
味覚嗅覚倍増計画研究者って現れてくれんもんかにゃ〜?

ではまたにゃり(=^・・^=)キリッ!と、しっかりせね婆☆一字変えると楽になる(';')
冗談冗談にゃりw(;゜∇゜)
チョコっとチョコ食べようっと(=^・・^=)脳に糖分を♪

ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

備忘録

分からんぞ、なってみなけりゃ何事も。

北海道では大雪が降ったそうにゃ。
関東も冷え込んで参りましたにゃねぇ・・シミジミ)
山の猫は親猫の癌の手術に立ち会って参りました。直腸に出来ていた癌は10cmを超える大きさでして、そうなるまでには長い月日がかかったのだろうなぁと思いながら黒々とした向日葵のような形の腫瘍を観察しておりました。
ガスが良く出る上に真夜中にも大便をもよおせども出ず、尻から出るのは鮮血なので癌とは思わずという月日は1年にも及んでいたらしい。一年に一度くらいは便の検査しましょう。直ぐにわかるはずだから。ってか、お医者はそういう症状から何故に便の検査をしなかったのか?「痔です。」で済ませたのかは素人の山の猫にも不思議でなりませぬにゃ。
ま、無事に手術できたのでそれは良しとして、下腹部の手術後は腸が元に戻る時の独特の痛みが出ますニャ。
それ、山の猫も経験しているのでわかります。
何とも言えにゃー痛みっす。
年明けに胃に住みついているポリープという厄介な不法侵入細胞を取り除くという宿題が残ってるにゃり。

骨を折ったり欠けたり、またはヒビが入ったりした時の痛みは、折れ方やヒビが入った体の場所にもよりますが、そりゃー痛いものです。ってか、山の猫の足の親指にヒビ入っておりますにゃり(=^・・^=)vヒビッ!!
(猫は強いんだぞwソックス履くだけで痛ってぇがにゃw)

一年以上使えなかった足を使えるようにするために筋だの腱だのを柔軟にするストレッチをしながら筋肉をつけていくのも辛いくて痛いものでござんすにゃ。そっちの方が深刻な問題にゃり。
つくづく普通っていったい何なんだ?と思うにゃり。

で、さらににゃっ!!
においとか味を失くして精神的に落っこちたところから這い上がるのもめっちゃ大変にゃ。
まだあるぞにゃ・・。肋膜に水が溜まったりにゃ・・。劇症肝炎の吐き気とかにゃ。血圧が30まで下がって?って、どんだけ山の猫は体がぼろぼろにゃんだぁ?

しかしあれですな、人間の山の猫の体は何とも強うできてるようで、まだここで生きてるんですわ。煩悩のほとんどを捨てて痛みだけは勘弁してぇにゃ〜吐き気だけは勘弁してぇにゃ〜そう思う山の猫です。
いつもの事にゃが前振りが長くなりましたm_ _mごめんにゃす。
みなさまにおいてはいかがお過ごしですかにゃ?こにゃにゃちは(=^・^=)


世の中のお医者さまにおいてはどんな病気も怪我も猫の眼的?じゃにゃくて、俯瞰的にあっちからもこっちからもって言う意味で高い場所から多角的に、低い場所から多角的に診ておくんなはれにゃ。そうしたら誤診も減ると思うにゃ。
とはいえ、お医者様も人の子ですし生活がかかっていますしサラリーマン医者だったりもしますし、病気や怪我のほとんどを経験された訳でもないので、激務の割に安い給料であれもこれも解ってよー的仕事してよ!!と言われても「無理」ですよね。慈善事業じゃあるまいしにゃ・・。こりゃどうも失礼しましたにゃ(=^・・^=)

さて、
消費税は30パーセントくらいまでして良いから良いお医者さまにはそれなりの良いお給料をあげて医療の質を上げていただきたいし、高齢者を3か月で移動しなくてはならない現状を変えていただきたいにゃす。
あ、いきなり話を変えました(笑)
今後の人生を送って行く中で医療やその他福祉に関して切実に思っている人にしてみれば消費税をupするくらい何ちゅーこた無いっ!にゃ。とか言ってみる。
一年間の食費は20万円程度にゃ。うちゃ〜にゃ。10%の消費税にゃらば一年間で2000円増えるにゃ。
2000円を12か月で割ったら一か月167円弱の税負担にゃ。一日6円にゃ。
一日18円負担するにゃで(今の三倍消費税ww)、老人介護入院を期間限定解除してくれろー!にゃ〜!!病院日もちったぁ増えるが、ストレス溜まる賃よりずっとマシなんすよ。ヘ(ΘΘ)ヘハァハァハァ・・。
切実にゃり。(あ、ついでカキカキしちまったにゃ。感情論に走りたくなるにゃ(´・_・`))
社会保障費が膨張するのはわかってんだし、その社会保障費を使ってるのは我ら患者だったり、高齢者だっりするんです。恩恵を受けない方々にもご迷惑をおかけしてるんですから、そこんとこよーく考えてみましょうね。相互扶助でございまにゃ。

自分が病気や怪我をすると、お医者さまに頼るしかありません。それは治したいという気持ちがあるからそう思うんだけどもさ。風邪だったら、またはその辺で転んだ擦り傷だったら誰もお医者さまを頼ろうなんて思わないよね。もともと人ってのは小さい頃から大なり小なり病気や怪我はする訳で少しずつ学習しますからね。
自然に治る病気や怪我はある程度察する事ができますわな。

けど、そうじゃない!と思った時に、それでもその痛みが脳内でエンドルフィン(endorphin)がつくられるくらいの痛みでも、もういいの、このままで。とかね、キャンサーでも、もういいのこのままで・・などと思う場合はね、どれほど具合が悪かったとしても医者はおろか友人にさえも頼らないかもしれません。
それは幼少期に運悪く性も含む虐待などを受けた人が声を出せない事とも重なるような気がするにゃ(=^;;^=)

山の猫は幼少期からさまざまな苦痛の中で生きてきたにゃよ。だから?って事たぁないんですが(笑)諦めの悪い自分の体と精神にね、ほとほと疲弊しているのでにゃす。
命は全うしなければならないからにゃ。生きるよ最期までにゃ。やらなきゃならん事はやるにゃよ。
なので、病院のお世話にはまだまだなると思うにゃよ。
山の猫はね、最近の若い人たちが自分を傷つけて救急で運ばれる現実を見ていて悲しくなるにゃよ。
その人になり代われないから、その人の行動をどうのこうのとは言えにゃいし、その場に居合わせている訳でもにゃいので、「まあ、待てや!」って一言の声もかけてあげられないのは残念にゃり。
それもにゃ、自分が経験したからこそ思う事にゃ。答えは自分にしか出せないものだったりするにゃよ。(ココ大事)

世の中に神はおらんのかにゃ?と山の猫も思った事があるにゃがね、八百万の神がいらっしゃるはずのこの日本で、たった一人の神も見当たらないにゃよ。変な宗教にはまってる人はある意味幸せかもにゃ(ごみんにゃす、これ皮肉にゃ)レイはおるにゃw
カウンセリングの先生も、神様も、自分の中にいるのだと思ってみたらさ、これが!!何といらっしゃるにゃよー!!
とにゃ、山の猫はそう思う事にしとる。
誰にも話せない事も自分には話せるにゃ。恥ずかしいと思う事も、頭がおかしいんじゃね?って事も自分にだけは話せるにゃよね。
コーチングってやつにゃお〜。

名声を上げて媚びられながら人生を語るお人もおりますにゃ。坊さん小説家?そんでシールズ共産党の広告塔。
癌の辛さを経験してそれをまた小説にして共感してもらう手法を取る人。もともとは確かエロ不倫小説家だったよなぁ。世の中の人はテレビに出る人だったらどんな人でも崇拝したくなるんでしょうか?

山の猫はあの人嫌いです。波乱万丈ってそんなもんじゃないよ。ほんと・・。(あ、ごめんにゃ、山の猫が自分の全てを話したらみんなに心配かけちまう (笑))

じゃくちょーって人は自分が経験して思った事や想像できる事からのみお話をされているんだろうにゃし。しょうがないですね。それで人気出るんですから。

「辛かったね、頑張りましたね。」と、辛い思いをしている人の頭に手をあてながら言うと、辛い思いをしている人はそらー嬉しいと思いますよ。
けれどね、そうしてくれる人が心から辛い思いをしている人に愛情を持って接しなければ本物ではないと山の猫は思うにゃよ。
放送されるからとか、本に書かれるからってだけで親切心を面手にしても山の猫には裏が見えるにゃ。

成功した人ならば、若い人達に教えるべき事はもっと別な事にゃ。デモなどに参加する事ではないにゃ!


え?おいら?いやいや、そんなん無い無い。
小説なんて書きまへんにゃよ。
文才無いにゃ(=^..^=)φメモメモ
そのうち山の猫執筆・自分史って本を出したとします。
きっとそれを呼んで泣きまくって凹みます(笑)(=^・・^=)/マジゾ


いつまでも元気でいられる人はその元気を上手に世の中に広めてくださいにゃ。ほんとに元気ってもらえるものですからね^^明るくてオモロイお話が一番にゃり。

ほら、ここにも、そこにも^^あるんだよ。色々な元気な気が。草木だってそうにゃ。意識していないだけで、実は互いに元気を分け合ってるんだにゃ〜。

なってみなけりゃ、いろーんな人の気持ちなど理解する事はできまへん。そう、何事もにゃ。

山の猫のもう一人の母親猫は、山の猫の事を「あんたどこの猫?裏山の雄猫?文猫の子猫?」などと言うようになりましたにゃ(=^・・^=)/正解っ!!(笑)いや、ちゃいますがな。猫は猫でも雌猫ぢゃよ、母ちゃま♪w

それも同じく山の猫が認知症ってやつになってみなければまた分からぬ事にゃのだと思う。
だから人して、どんな症状も否定しませんにゃよ。親猫、混乱してんだろうなぁって思うにゃ。
(あ、猫としてw)

この冬は、まだ灯油という物を購入しておりませんが、なぜか部屋の中が灯油臭いにゃる。
不思議にゃね。家に来た人とか家族に「ねぇ、灯油のにおいしない?」と、毎日聞いておりますにゃが、しないようです。何のにおいの錯誤なのかを知りたいところであるにゃ。
におい変換集を作らねばにゃ(=^・^=)

と、まあ色々書いているものの、自分の視点から書いているって事もまた自覚しているにゃよ(=^・・^=)うぃにゃ。

今年はエルニーニョ現象が起こった事からも大雪が予想されるでにゃ、みなさま雪対策しておきましょう。
スコップは売り切れる前に購入しておくにゃりよ。

にゃらばまたにゃす(=^・^=)/
(2015.11)

ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

備忘録

乾燥の季節につきご注意を


さまざまな事象にて行き詰まりを感じてしまった時には、考え方を根本的に変えて、全てにおいて新たな一歩を踏み出す事ができさえすれば必ず道は開ける。はずである。

そのようになっていくと願いたい。思いたい。実行したい。
にゃが・・な、これって凡人には非常に難しい事にゃのである。あ・・凡猫だったにゃ(=^・・^=)
まあ、努力も何もしない生き方、悩みの無い日々、背負ってる物が何も無いという人間にとっての楽しみとは何であろうか?
苦を知っているからこそ、または思う様に物事が進まない事を知っているからこそ楽しいとか嬉しいという感情を持つ事ができるものにゃのではないのかにゃ?とも思えるのだがにゃん。

鼻の中がしっとりとしている方が鼻ク〇はとりにくいかもしれないけれどwそれはティッシュを使って指を使える人が思う事だったりするにゃ。
指を使えない人は綿棒を使うにゃね。それも出来ない場合は鼻から塩水を吸い込んでプーーーン!!するにゃよ。自分にできる事かできない事なのかによって、想像するシーンは人それぞれですにゃ。

赤ちゃんの場合、鼻水がどうしても取れない時にはママがお口で吸って取ってあげたりするよね。
ちょっとお子様になってきたら、「鼻をプーン!しなさい。」って言うと少しずつそれができるようになります。
赤ちゃんにはそういう事ができるけれど、寝たきりになった親に鼻プーンしてっ!って言っても認知症だったりするとそれもできず、ましてや吸い込んでやるなどといった行為は不思議とできません。不思議とできないのではなく、やりたかにゃいよね。

できにゃいよにゃ(=^・・^=)無理!無理ー!(笑)
親の介護をしなきゃなんない時には、親のお顔についている鼻をやさしくつまみながら出てきた分だけを拭いてあげるにゃりよ。
子どもの面倒をみるよりも、はるかに精神的に参っちんぐの親の面倒でっせ(●'д')bファイト

けどニオイとか味覚が無くなるとさ、鼻水くらい吸って・・・、
いや、味がわからなかったとしてもそれだけはできません(笑)(ヾノ・∀・`)デキナイナイ

下の世話をしたり鼻水を鼻紙でとってあげる事は全く問題なくできるけれどね。
体から出てくるものの全ての始まりは口から摂ったものであり、それらがカタチを変えて出てくるだけだから、もともとは食べ物にゃりにゃがー。とも思いますけんど。
あ、スポイトを使うのもありだにゃ(´▽`)知恵をしぼらなくっちゃね^^んだんだにゃ。

などと秋の夜長に夜空に向かって話しかけている山の猫です。
(そういうのってやばくないか?( ゚д゚ ))ぼっちにゃんか?(=^・・^=)ウン秋だし。

何事もそうなのですが、個人的な主観で物事を見てしまうのが人間というものですが、客観的に物事を見てみるって事は虚構の世界に生きるのとは別物なので(笑)たまには第三者的に自分の事も家族の事も世間の事も見てみませんかにゃ?
味覚嗅覚に異常がある人は見ただけではわかりませんのよ。これが。
世の中にはさまざまな病気によってさまざまな不自由を強いられている方は多いにゃね。
あなたの視点はどこからにゃ?(わたしは鼻から)じゃないにゃね^^;味やにおいの想像力が逞しくなっている山の猫です。

思いついたままをさらっと書いちまいました(=^‥^)ノ

乾燥する季節となってきましたが、みなさまお元気ですかにゃ?
ここまでご挨拶にゃ(=^・^=)ナゲーヨ

ここまで読んでもうええわって方、ごめんにゃさいm(=^・・^=)m
では、本題に入ります。

私の体の中に潜んでいるスパイ細胞、それは体の隅々にまでいるのである。
(皮膚にもな)
不思議ですね。生物の構造そのものが生きるためにスパイをその体内の中にも外にもに住まわせているのだにゃ〜って思います。
生きるため、生き残る為のスパイが生物の中にいる。いわんやパソコンを・・にゃね。
そんな身近な事も気になる今日この頃です。

自分が知らないところでスパイが活動しまくっておるにゃよ。
有難いスパイもいれば排除したいスパイもおるがにゃw
リアル世界においてもにゃw

秋から冬へと季節はどんどん写り気が付けば春が来るんだろうな。
「はっと気が付く」山の猫がそう思う時、それまで眠らずに働いてくれている体の器官のあちらこちらには感謝しなければと思います。

諦めない、焦らない、少しずつでも良いから続けていく事で少しでも後悔しない「その後」を迎えられるはずです。
そう、どんな事でもにゃ^^こうやっていられる今という時にも感謝している山の猫す。

みなさま、風邪とかひいて鼻づまりを起こさないように気をつけてくださいね。
Virusが活発になれる乾燥季節ですから、味覚嗅覚に異常がある人は特に気をつけましょう。
山の猫はそれに加えてお肌の乾燥にも気をつけなければならないお年ごろにゃ〜ん♪orz

ではまたにゃす(=^・^=)/自分の弱さにwinぞ!と言い聞かせております。

けど、弱音を吐きたい時にははいて良いのだと自分を許してあげましょうニャ(=^・^=)

ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

<<.. 2 3 4 5 6.. >>


Powered by Seesaa