日記

嗅覚味覚に異常があるうえに・・


真夏の暑さになりましたにゃ。
都市部の熱さはコンクリートだらけという街のつくりとエアコンの室外機から出る熱で温室効果に拍車がかかり年々熱帯夜が多くなっているような気がするにゃが、みなさまにおきましては真夏の夜の恋で熱くなっていませんかにゃ?山の猫ですこんにちは。=^_^=


「暑さは彼岸までらしいので、簡単にそう思っておけばよいと思うニャ」という発想は医者初心者の初診診療と似てると山の猫は思うにゃり。
いきなりこんなことをかくとは何なんだ?最近のできごとをちょっと愚痴のように書きたくなったにゃで、ここで愚痴ブログ書いちゃいますにゃ。

えーっと、・・・。
ホルモン関連専門の病院に行ったときににゃ、問診票には今飲んでいる薬や自分の体にどういうことが起こっており、以前の血液検査ではこういう異常な数字が出たから今回はこういうことが心配だからまたは気になるから受診するんですぅ!!とかいいたくなるにゃ・・素人ながらわかる範囲で一所懸命自分の症状を問診書に書いたとしても医者の診療はズゴーック簡単なものですにゃん。部位に触診、ちょっとお話したことを目の前のパソコンに向かってパチパチパチと打ち「では、検査が終わったらお帰り下さい。結果は次回来院されたときに。」終わり。おわりなの?これで?具合が悪くてきてるのに?血液検査の記録も持って行ってていくつかの病気が特定されててその一つはチラージンで対応できるってわかってるのに?

終わりにゃんか?えーーーーっ!!?
インフォームドコンセントなどという言葉はそこにはにゃいっ!!にゃーい_(:3」∠)_
病院の理念はどこにいったのかにゃー?_(:3」∠)_何それ?って感じ。空しい理念にゃ。

山の猫は思いました。どれほど専門性が高くても患者を診るということを忘れている医者はダメだぁって。他の疾患が絡まない病気とは違うのだから、せめてこの病気に絡みそうな他の疾患くらい押えとけにゃ。
患者が多すぎて心に余裕がない状態になることによって患者をしっかり診ることができないのであれば完全予約制にして5時間待ち5分診療になることは避けるべきだろにゃ。

暑さ寒さは彼岸までw感情の高ぶりだってひとときなのだ。いつか過ぎ去るのである。

とはいえ、この病院のおかげさまでありがたいと思っている患者さんも多いんだろうなぁって思いながらヒューマンウォッチングを病院の片隅でしていた山の猫でございます。
山の猫は何十年も前にこの専門性の高い病気になっていたことがあったにゃ。だからその関連の初診でどういう診療があるのかは知ってるつもりなのだ。その時の先生がご健在ならばその先生のところに行ってたにゃよ。もういらっさらない😿
薬の調整が必要な病気はたくさんあるにゃね。薬の調整をしなければならない場合はできるだけ近くに病院をみつけたいものですにゃ。
良い病院というより、やはり良い先生をみつけなければにゃ。
外に出るのも億劫だった山の猫は意を決して電車に乗ったんだが、こりゃ失敗にゃったー(*´Д`)
あーこりゃこりゃ(*´Д`)マイッチンGU


半年に一度診ていただいている関節の先生にお会いしたばかりだったので、尚更医師の能力とか人間性とか医師としての力量の違いを感じてしもうたなぁ。関節の先生は世界のその専門の医師もご存知なくらい有名な先生にゃが、触診をしながら患者にわかるように関節の状態をお話してくれるにゃ。何より先生に会うだけで痛みが無くなるくらいのスペシャリストなドクターにゃ(=^・^=)


嗅覚や味覚の障害にはストレスも関係していると思います。
悲しい時に食べたアイスクリームはしょっぱいですにゃ。。。
あ・あれは〜あれは〜・・涙の味にゃった〜(;'∀')
どっちみち美味しい味の記憶として味覚処(みかくどころ)記憶倉庫には入らないにゃい。

今や体の痛みよりも脳みその中がフラダンスを踊っているような症状の方が深刻になりつつあるにゃ。
けれども、もしかしたら本来の味がわかって美味しい美味しいっていいながら食べ物をくちにできたとすれば元気が漲って病気をふっ飛ばしてくれるのかもしれない。

悩ましい夏到来です。

どんな病も発症した人にしか体感することはできない訳でほとんどの医師は文献や患者の様子や患者の訴えからのみその病を知るのだと思います。治療法も然り。

お医者としては、患者ひとりひとりは皆深刻に病気と向き合っているということをご存知かもしれないけれど、今一度再確認していただきたく候。見た目ではわからない味覚嗅覚障害を持ちながら他の病気にかかっている場合は尚更のこと精神面においては複合して辛いということも知っていただきたく候。
まあこんなことを医者に向かってはなかなか言えませんしね。ってか、そういう時間がとれないくらい一瞬診療である現在の病院事情に問題がありますね。医者が時間が無いオーラを出しているにゃで、患者側もしっかり説明などできませぬ。
たまたまこのような文章を目にしたお医者さまが、患者とはそれぞれ色々な重い荷物や病を持っているのかもしれないと意識し気遣いいただけるようになるならば幸いでございます。(=^・・^=)/ニャカニャカ
心の余裕のある医師が少しでもよいので増えますように。
医療の質ってのは技術もさることながらそこだと思うな。国も優秀な医師を一定数保持できるように処遇改善されたし。事情は良く知っておるからの、お医者さまは大変にゃりな。

さあ空梅雨の東京はもう間もなく梅雨明け宣言ですにゃ。(関東は7月初旬には梅雨明けしてたんじゃないかにゃ?)湿度がある今のうちに多くの食材を食べてみようではありませんか。わからなくてもいい試してなんぼの味覚嗅覚障害のおいらの挑戦の夏だもん。

味やにおいを過去の記憶にとどめたままではもったいない。先はもうしれているとしてもにゃ、あの味をもう一度の希望の火は消したくないにゃで。

喉が渇いているかいないかを確認することよりも一定時間に一度は水分を摂りましょう。
味覚嗅覚障がいがあると、水分を摂ることを忘れがちです。ほんとうに忘れてしまいます。喉が渇いたーって思った時には何時に水分を摂ったかを確認してみてね。
山の猫は6時間くらい水分を摂ることを忘れていることが多々あります。
やばいですにゃ(=^・・^=);汗)

みなさまも気をつけてくださいね(=^・^=)/


ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

日記

冬至過ぎ 冬至じゃねぇっつの。まだいちおう11月にゃり。


今年もあとわずかですにゃ。
光陰矢の如し。歳月が矢のようだ。放たれた矢は二度と戻ってはこないにゃ。
弓を引きすぎて左の手の上からポロリと落ちたら矢は足元に落っこちてしまっているわけですよね。
戻ってくる事があるかもにゃ〜(=^^=)あ、矢を拾うのね。
「そうじゃないかw」

お寒ぅなりましたね。
みなさまにおいては風邪などひいておられませんかにゃ?
山の猫です。こんにちにゃ( =^ー^=)ノ

いきなりですが、三叉神経に異常はありませんか?「さんさしんけい」は一言では説明できないくらい頭部にたくさんある神経です。
味覚や嗅覚はもちろん関係しますが、眼の神経とか上下顎とか口腔内とかまぁ色々な組織を支配する神経が三叉神経なんですねぇ。
wikipediaさんから多くの情報を得られますね。編集している方々には感謝の一言です。
「編集」って項目もたくさんありますけれどね。頑張ってください。
寄付したいけれどカードのみって書いてありんこで、躊躇しておりにゃす。他にも支払い方法があれば寄付したいにゃ。


あたくしの場合は・・さあどうなんでしょう?頭部のMRIを撮ったのははるか前の事です。
医者は数値や画像でさまざまな病気や怪我の状況を判断されますよね。
正常値という数字と正常なレントゲン写真がそこにあって、異常値を示す数値と異常だと思われるレントゲン写真があって比較さえすれば、素人にだって診断できますよね。そうなんですよ。
猫にもわかる病気や怪我って事になります。

症状っていうのは心の中にも潜んでいるんじゃないかな?
どうしてこの患者さんはあのニオイがわかるような感じがする時期があったのに、今は再びニオイがわからなくなったのでしょう?なーんて考える医者がいらっしゃったら嬉しいね。
けど、その個人個人の生活習慣とか家族との関係だとか、悩みだとか全てを聴いて考えるなんて、多忙な医師にはできませんよね。(多分)待ち時間1時間、診療5分の病院がほとんどです。
サラリーマン医師は給料も安いのが現状。そらー育たないわにゃ・・と一猫事。
それとにゃ、人生経験の浅い若い医者はにゃ、苦労した人の紙芝居とか見てくれにゃ。
もそと世間を知ろうよ。人間ってぇ生き物を知ろうよ。感情ってもんがあるんだぜにゃ。(あ、おらは猫ですにゃが)

山の猫にはこんな経験があります。
手を打撲した時に、すぐに病院にいかなかったのね。けど普通の痛みじゃにゃいから〜・・行くか・・と、でっけぇ病院に行った時に(中略)「医者を信用してください!」ってにゃ、若僧医師に言われたにゃよ。
( ゚Д゚) まじかー?そんな言い方あるんかー?と思って傷ついたけど傷ついていない振りをしたにゃ。
診療結果は打撲なんで曲がっている指をリハビリしなはれというものでした。は?まじかー?そんだけかー?

けどPAINE〜ベリーベリー痛い。痛みから言っても正常じゃないだろってんで専門病院に行ったらね、腱が切れてたんですよー。
直ぐにオペしていたら繋げた腱ちゃん。痛い屋けんちゃんにゃ〜( ;∀;)
時すでに遅し(苦笑)そのまんま山の猫だす。

そんでもってこんなことがあると、医者不振に陥るわけだw

山の猫が若い頃はね、医者かぁ、すげぇにゃ〜。頭良いにゃ〜って思っておったにゃよ。病気怪我を治せるスペシャリストが医者なんだと思っていたにゃよ。
しかし、あまりに沢山の病気やケガを繰り返してきてさまざまな医師に出会って分かった事があるにゃ。

本当に尊敬できる医師は一握りであるにゃす。

たまたま膝と皮膚に関しては素晴らしい先生に出会う事ができたので幸運にゃった。
不思議と素晴らしい医師は同じ事を言います。何かってにゃか?

山の猫は、今年色々と病気した際、複数の先生に同じ質問をいたしました。
「せんせー、山の猫は更年期にゃか?老化してんのかにゃ?抵抗力が弱くなってきてるにゃか?」と。

素敵な先生お二人は全く違う病院で、違う科にゃりよ。
お二人の先生が言われたお言葉は、「それはにゃ(にゃとは言わないが)そんなことは、万が一思ってしまってもクチに出さないにゃり(にゃりとは言っていないが)。若いんだぞーさん(ぞーさんとは言っていないが)」

そう、思っても自分で口に出すと、(お?そうなのかなぁ?年なのかな?老化?)がいつもいつも脳に焼き付き、結果細胞が(あら、そうなの?)ってご期待に応えてしまうことがあるって事なんですよ。

お二人の先生は有名な先生なんです。テレビで有名とかではありません。その道でという意味です。
その科で知らない先生はいないというくらい優秀な先生でございますにゃり。
だけど威張ってなくて普通に山の猫とお話してくださる先生にゃりんす^^

でね、優秀な先生ってやっぱり言う事が同じなんだなぁって思ったんですにゃよ。
そう思いませんか?

一般的には、山の猫の質問に対してどう答えるかというと、「まあね、年齢が上がってくるとね・・・」とかいう言葉が出るんじゃないかと思うのです。
それが「思っても 言わないっ!」おまけつきで若いんだからw

いやはや何とも嬉しいお言葉ですにゃ。


だからにゃ、山の猫は「おー、今日も元気だ細胞が若いっ!」って言うようにしたにゃり。

つい先日入院しとった山の猫が言うのもにゃんですが('◇')ゞ
それはそれ。なってしまったものはしょうがにゃい。

雪が降っても乾燥したりする冬ってぇ季節は、口元鼻元が乾燥しないようにマスクして過ごしましょう。

今年の風邪は喉から?らしいですにゃ。
初期の喉の痛みが一番辛いにゃりで、湿ったかーぜで鼻を防ぐにゃや〜(笑)
ちゃんと呼吸ができるように調整してね。胸に塗るお薬もあるでにゃ。工夫すれば大概の事は何とかなるものです。
無臭リップクリームがおすすめニャ〜(= ^^)_/^

野菜が高騰しております。「お野菜が高いから、最低限のお野菜しか買えないわ〜。」って、おばはん、そのバッグはコーチとかヴィトンとかじゃねぇか?1980円の安売りしているマフラーを買うくらいだったら800円の白菜買えにゃ〜と言いたい山の猫でございますにゃよ。農家の人も苦労してんだぞ。買おうよ。

物の価値ってのは順番がありますねん。
おらたちが生きてるのは食ってるからだろ。食べるものが先にゃ。ましてや食べられるのに高いから〜って言うでにゃい( `ー´)ノ


では、今月はこの辺でにゃ〜ん(*´▽`*)

(11月21日)


ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

日記

梅雨とか特別とか身近とか


いよいよ梅雨かにゃ?沖縄は梅雨真っ只中ですにゃ。
今年の梅雨は?今年の夏は暑くなるかな?らにーにゃ〜とか、えるにーにゃ〜じゃなくてエルニーニョ〜
のどちらかのせいでどうなるとか、山の猫にはもはやどうでも良い事になっております。
においが分からなくなって何回目の梅雨前かにゃ?数えたくないおとしごろにゃ〜(=^・・^=)
梅雨の湿っぽい土っぽいニオイわかりますか?
残念ながら山の猫にはそこまでのニオイは未だわかりません。

世の中では身近に感じられるアイドルを目指しているある女性が巻き込まれる残念な事件が起こってしまいましたね。

何なんでしょうね。特別な・・そんな立ち位置ってあるのですか?
身近な・・そんな立ち位置ってあるのですかにゃ?山の猫には分からんちんにゃ。

これだけは言えるんですよ。みんなねみーんなテレビに出ているスター並みに、政治家の先生並みに、いや、それ以上にね、私たちは多くの人の力と支えで生活してるんですよ。大勢を従えた王かもしれませんにゃ。
みなさまにおいては特別な人とかおられますかにゃ?(=^・^=)
フラストレーション溜まっていませんかにゃ?
普通の山の猫ですこんばんにゃ(=^・・^=)
(こりゃ山猫さまに失礼な事を言うてしもうたぁm_ _m)
ここまでご挨拶(=^・・^=)ナゲーヨ

さてと、いきなりで何なんですが、地味に生まれてからこれまで何回ご食事をしましたか?
(地味に?間違いにゃ地球にです。地球にwww)
50年だと、(なんで50にゃか? --;まあその数えやすいのでw)
365×3×50=54750回 (一日三回の食事って事で計算してみる)
一歳になるまではおっぱいという事で49年とすると、その数53655回であるにゃ。
ここで49回にするんかいぃぃぃー。
お叱りはご尤も(;゚;ж;゚;)
えと、
いただきます から始まり ごちそうさまでした で終わる この儀式は、イスラム教徒の巡礼じゃなくって・・言葉が最近出てこないにゃり・・えっと 礼拝だ。
そう、礼拝のように神様に感謝する儀式を一日最低でもご飯をいただく事で3回行っているのが日本人なのであるにゃ。おやつが二回あったら5回だ。ズバリ!
(おやつに意味あるか?にゃい(=^・・^=)/ズバリ)



どっちにしても数えられるのね、何と短い時間でしょう。
(じゃ、そう言えやorz)^^;;
数えられる程の回数の食事とも言えますにゃ。その食べ物達はどうやって目の前に来たのでしょう。

畑の土、雨、散布した水、肥料、それらの種、生った産物を運んだ物や燃料、それら全てにかかわっていた人々の生きる時間をいただいて目の前に来たんですにゃ。

お肉一切れも同じようにそうした人々のまたは自然の力と時間をいただいき、口に入れるものを私たちは食い尽くしてきている事に気付かねばなりますまい。(んだにゃ)
だから箸にも「お」をつけてお箸と呼び、茶碗にも「お」をつけてお茶碗と呼ぶ日本人の気遣い流石にゃ!

色々な意味で有難い事を知っていたから親に「いただきます」と「ごちそうさま」と手を合わせる習慣を身に着けさせられたんだにゃ〜と思ってたにゃよ。
もしかしたらこれまでに記事のどこかに書いているかもにゃん^^
これからはおジュースとかおちょことか・・あ・・・。(あ・・じゃなくて)
と、兎に角、感謝しようにゃ。もしも味がわからなくて食べられなくてもね。
これまでも(今も)「臭い」「くしゃい」などとつい口に出して言ってしまう自分が小さい人間猫に思えたにゃよ。ごめんにゃさい。
合いの手いらないですよね^^;ごめんなさい。
何だかなぁ謝る事に慣れてるにゃすよ(=^・・^=)「四国の路面電車御免行き」

基!!
私たち消費者ってのは、実は殿さまだったのですよ。あ間違いました・・姫さまだったのですよ。
そんな事を思っておりました。v§^。^§/~

食べる楽しみはこれから先何回あるかにゃ?普通の人よりは楽しみは少ないのは確かにゃがー、これから先ある時を境にいきなり味がわかるようになるかもしれんしにゃ(=^・・^=)
希望的観測も良しとしよう。うん。(自己完結スマソ)

半世紀を生きている場合、これまでの回数より少なくなる事でしょう。どっちみち。
(自己追込みスマソ)

そうそう、山の猫は自分の手で作物を作ってみたくなって果物とか野菜を数種類作っておりますにゃよ。
農家さんに頭が上がりません。
めっちゃ大変にゃ。農家さんってすごいと思うにゃ。
農薬を使わないとなると虫がつかないようにするのは想像以上に大変にゃので、虫と4対6くらいで分け合う事にしたにゃ。
虫が6食べる作物、7も食べやがる作物だってあります。無視できない事実にゃっ(=^・・^=)

しかし無農薬で作りたいので卵がつかないように最初で対策してみり途中で虫が無視するくらいのハーブを植えてみたりもしましたが、数えきれないくらいの虫が世の中にはいるのだという事を学びましたわ。
疲労もヒト味味わい深い味付けの一つに(そんな味わかんないけどにゃ)なるっちゅうもんです。
ま、食べられる物が生りましたw

野菜作りは満足感だけでは育ってくれ無いものであると学習したにゃり。
この時期に作った肉じゃがは美味しいと思いますにゃっ!
すごいね何年か経って何となくだけどじゃが芋だと分かるようになったって素晴らしい。
(たまーにさつま芋かなと思う事がある)
ただ、昨晩作った肉じゃがを翌日の昼に火を入れて食べるって勇気が必要にゃり。
え?大丈夫だったかって?(;゜∇゜)
お腹を壊さなかったので多分・・大丈夫だぁ?
そんなもんです。ふぁーいとー!!(●'д')bファイト

色々な事に気付くか気付かないかは、自信が経験した事にもよりますし家族を含めてどのような人達と繋がりがあったかによって違うかもしれませんね。

あー・・来週病院だ。病院ってぇと待ちますわな。待たされますわね。
確かに現在の病院ときたら大きい病院ほど待たされます。
何の為の病院やねん・・と思うくらい。

けれど、もしかしたら自分よりも深刻な病で来られている患者さんが沢山いらっしゃるかもしれない。
そんな「けれど」とか、「もしかしたら」という言葉で自分の事もまた見直したり諌めたりできる「かも」しれませんね。(自分が痛い時は誰より痛い。自分が貧血を起こしている時には誰よりも先に倒れそうになる。)

ま、今回は身近な気付きで少しは考え方が変わるにゃ〜ってなお話でした。


山の猫は味覚も体もね、日々リハビリをしておりますにゃ。
「今日もまた またまた リハビリ 精神も」
地味だー。地味だよー。オキシトシンはこれじゃ出ないにゃー!

ところでみなさん、最近ハグしてますかにゃ?
体にも心にも良いらしいですよ^0^
痛いところがある人の背中とか腕をさすってあげにゃね^^
おらか?猫の肉球でマッサージしてもらってるにゃ〜♪❤

リハビリの努力は実っているのか否かは別として、知り合いや顔見知りの方とお会いすると必ずと言って良いほど「山の猫さん今日も元気ですね」と言われるのだ。
良い事ですね。(涙)
にんちしょーっ!の母猫は「で?そちらさんどなた?」って電話でもわからなくなってき・・キターorzにゃ〜(=^・・^=)
マジで猫になりとうございますにゃ。。。(=^..^=)
猫とハグにゃ(=^・^=)


ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

<< 1 2 3 4 5.. >>


Powered by Seesaa