日記

2019年 平成 最後の 元旦

平成31年元旦といえる日は1月1日のみなので、一記事更新しておきたいと思います。

明けましておめでとうございにゃす
本年も記事更新は少ないかもしれませんし、いつ途絶えるかもわかりませんが何卒宜しくお願い申し上げにゃす


山の猫は物心ついてからの正月としては初めてまったりとした正月元旦の日を過ごしております。
年末から引いた風邪の影響もあります。調子悪いにゃん^^;
昨年は我が家族の長であったリアル猫さまが他界しまして正月のお客様をお招きしませんでした。なので腕をプルプルッと振るってお節料理を必死こいて作る必要もありませんでした。黒豆は早めに煮てました。おせち料理ってもともと保存食になるような味付けでしたし。
おせっかい料理はご近所に配りましたw
年末年始のテレビといえばつまらないものばかりで驚きました。というくらいテレビを見ないのですがNEWSだけは見ておりました。
昨年被災した方々が正月を避難所で迎える準備をしていらっしゃいましたね。

山の猫は思いました。世の中には独身ボッチ暮らしの人も多くいらっしゃいます。そのような環境にある人で、なおかつ独りぼっちが嫌だという人にしてみれば避難所でも良いから誰かと年越しをしたいと思っている人がいるはずなのではないかと。
味がわからない味覚障害にある人間にしてみれば餅つきですか、はぁ、そうですか。何味で食べるのが美味しいとか紹介要らないしぃ・・と哀しい独り言を言っている人もいるでしょう。
100人いれば100通りの感じ方があります。
価値観も同じく人それぞれであります。

自分は自分はと主張すればするほど虚しいことも多いものです。

平成という時代の最後、「平成最後の」という言葉が流行語大賞になるかと思っていましたが違いましたにゃ(=^・・^=)
最後なのにね。

遠くの景色は美しく見えます。
リアルな景色は美しい。
近くに行くと富士山だと言っても岩石と土でできており、その地面のゴミに視線を向けるとがっかりしますという話を聞いたにゃ。

記憶というものも遠く昔のものは美しく感じるものです。
味の記憶だってそのはずです。「おー、あの時食べたキノコはうまかった〜!毒キノコじゃなくて良かった〜!」じゃないーw
(人として初めてさまざまな植物を口にした勇気ある人間に感謝ですな。きのこも然り/脱線m__m)
生クリームやバターの香りがした洋菓子、繊細な味付けの和菓子の微妙な味の差(あったっけかにゃ?w)

近くを見てがっかりするくらいだったら、いっそ遠い記憶を手繰り寄せてみませんかにゃ?
抹茶味がまだわかりませんにゃ。

ほとんどの場合なのですが、自分が今置かれている視点から物事を見ることが多いのは事実なのです。
テレビを見ていて違和感を覚えたのが「普通」という言葉でした。普通や常識って言葉はあり得ないと思うておる山の猫です。
普通って何?それは個人的な普通なだけです。生活の中身も家族構成も仕事もルーチンワークも皆違いますから。
大衆が美味いものを美味いというだけで、大衆が可愛いと思うものが可愛いんだろうにゃん。
大衆が行きたい場所が人気スポットになるだけって感じかな?

にゃので、普通って言葉を信用しない山の猫は自分の独自目線で我儘に言いたい放題wってそれ自分勝手って言うんだった(笑)
節目は自分のペースでつくれば良いと思います。雑煮も食べられない?少量のもち米を蒸して作れば良い。白菜と餅だけの雑煮で良いではありませんか。元旦じゃなくても良いじゃん。
ちなみに山の猫は今年の元旦、本日は雑煮も作っておりません\(^o^)/
炭を起こしていただきものの餅を焼いて食べました。甘い醤油でいただきました。餅の味はわかりませんからw醤油の味を楽しみます。
甘いものはわかるようになっていますからね^^チョコレートをつけて食べてもいいし、何でもいいんですよ。食べられたことに感謝します。
風邪から鼻も詰まってますがニオイとか味がイマイチわからないのは風邪でなくとも同じなので全く困っておりません。(残念ながら)


病床についている方、餅が餅だと分からなくなっている認知障害になっている方、食べたくても口から食べられない方がたくさんいらっしゃいます。世の中を広く見渡すとせんべい一枚目が目の前にあるだけでも有り難いと思えるようになります。
物事は広角レンズで見てみよう。
今年は広角レンズの年ですにゃん(=^・・^=)なんてったって亥年。
猪突猛進?違います。猪はまっすぐ猛進しませんにゃ。曲がります。田畑を荒らします。芋を掘って食べます。人間に噛みつきます。
猪が荒した田畑をさてどうします?もう一度耕して作物をつくりますよね。人はその場所に猪が入って来られないように柵を作ります。色々試行錯誤しながら作物を作り直します。猪の役割と人間の役割ってまるで人の神経のようですね。敢えて壊して再構築する神経。味覚神経もそうあってくれと思うことでした。
って話長〜笑) 独り笑い

昨年血圧が一気に下がりました。上70。それってタクシー使ってでも病院に行くべき数値なのか迷いました。

以下、政府広報オンラインより
ココカラ____

救急車を呼ぶかどうかの判断を手助けするツールを2つご紹介します。
というのが政府広報オンラインにあります。

1つ目は、電話で専門家に相談できる短縮ダイヤル「#7119」
地域ごとに限られた数しかない救急車を有効に活用し、緊急性の高い症状の方のところにできるだけ早く救急車が到着するように導入を進めています。看護師などの専門家がしっかり判断しますので、相談した方は適切なタイミングで医療機関を受診することができるようになります。

もう1つのツールとして、緊急性を判断する助けになる「Q助」というスマートフォンアプリがあります。急な病気やケガをした時に、該当する症状を画面上で選択していくと、緊急度に応じて必要な対応が表示されます。まず、最初の画面で「息がない」や「冷たくなっている」といった、最も緊急性の高い項目が表示されます。その後、年齢″や症状″の質問が表示され、最後に緊急度に応じて、「いますぐ救急車を呼びましょう」「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」、「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」、「引き続き、注意して様子をみてください」の4つのいずれかが表示されます。
詳しくは下記のurl政府広報オンラインから確認してみてくださいね。
https://www.gov-online.go.jp/pr/media/radio/w_japan/text/20180901.html

ココマデ___

つうことで、山の猫は足を上げて寝ました。
心臓疾患にも色々な病がありますのが、山の猫の場合は手術してどうなるものでも無いので仕方ないですにゃん。
嗅覚障害味覚障害と心臓の病のどちらが辛いかって?そりゃ味覚障害ですよ^^
心疾患で痛みがある時は痛い!と思うけれど、しばらくの間だけですからにゃん(=^・・^=)
味覚錯誤はずーっとですからにゃん(=^・・^=)/
あれこれを天秤にかけるつもりは無いけれど、そうすることで少しでも安寧が得られるのであれば天秤にかけまくるのも一つの手にゃり。
彼氏を天秤にかけるのはやめてにゃよ(笑)

今年、味覚は一ミリの成長があるといいな(^○^)夢はそれくらいにしておきます。
ほとんどどうでも良いかというレベル。先のことなど誰にもわからんしにゃん。

皆様におかれましては暴走🚗などに注意してくださいね。道路にロープが張られていないかも気をつけましょう。
早朝の凍った道路にも注意です。雪に覆われた場所では穴凹は見えません、見えないことにこそ注意してくださいませ。

5月1日元号が変わるまで、思いついたらブログも更新したく候。
M T S Hから始まる元号は無いですね。

H31.1.1 の日、もうすぐ終わりますにゃ(=^・・^=)/~

 

ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

日記

味覚や嗅覚がおかしくなると精神的にもおかしくなるか



 2018年の春から先、大雨によって被災された方々、亡くなられた方々を思うと切なくなります。
みなさまにおかれましては、日々楽しみを持って生きておられますかにゃ?
山の猫ですこんにちは。


 味覚や嗅覚がおかしくなると精神的にもおかしくなるか?ってか?
なりますとも。経験すれば理解できると思います。想像してもなかなかこればかりは理解していただけないかもしれませんが、本当に精神面に影響が出ますので、もしもご家族や知り合いに味覚や嗅覚に異常が出ている方がおられた時はどうか心中を察してあげてくださいませ。お願いします。


 それでなくても、精神的安定というものは、些細なことで崩れてしまうものですにゃ。絹ごし豆腐よりもろいにゃす。
長く生きてきた人々は、より険しい山を越え、より大荒れの海原をさまよい、より高い壁を越えたりブチ壊したりしながら、みなさまそれぞれに自分の年齢分の歴史を振り返ることができると思います。それは個人差はあれども経験値となりその先に来るやもしれない苦境を乗り越えるための糧となると山の猫は思います。
時は命そのものであり生きるとは時間そのものであるのだぞと、我が家のリアル猫さまが私にそのことを告げてこの世を去りました。
多くの辛いこと悲しみや痛みを経験したつもりでも、もっともっと辛い悲しい痛いはあるのかもしれないと、山の猫は思っておりますにゃ。
自分が辛い分には辛いで済みますが、他を見て辛いと思う方が、辛い天秤にかけたとき、より重く感じますにゃ。

 どんなに辛く悲しい思いを経験してきてもなかなか強くはなれませんにゃ。以前よりも弱い自分に気付かされることもあります。
それでも、こうやって応援して下さったり、思っていただけていると思うとなんとも表現できないほどに嬉しく、また心強く思いますし、
暖かい涙が流れることがある山の猫出ございます。
 
 今まさに苦境の中に立ち、道しるべを探しまわっている人がこの世には沢山おられることは事実だと思います。
そんな夏は過ぎ秋を迎えました。

 世の中は目まぐるしく変わりますが山の猫の味覚はゆ〜っくりと変わ・・ったかな?微妙ですわ。
青汁を飲んでみましたが、水と同じでした。舌触りが少し違うくらい😂これから先は舌触りで判断しますわw

 世の中の数ある仕事をコンピューターそれもAI搭載の頭が良く学習する個体が人間の代わりになろうとしております。
ニオイの世界もコンピューターにデータを打ち込み学習させる時代になっていくのでしょうな。
味覚障害の種類は多いので、ぜひともその全てのデータを入力した上で学習していただければ猫としては嬉しく思いますにゃ。
さらに、病気怪我を含めてどのような精神状態であるかを察知して上手に励ましてくれる人型ロボットができたら、そこいらへんの医者よりも的確な診断とやさしい言葉をくれるかもしれませんね。ぬくもりのある手もつけてくださいまし。
なんだか寂しい世の中にありつつありますな・・。とも思いながら書いております。

 人は人に支えられるもので人の温もりのある言葉で勇気づけられて抱きしめられて愛を感じるものだと思いますが、それもこれも変わっていくのでしょうかね。ついでに「あなた、口臭します。」なんて言われたら蹴り倒したくなるやもしれませんがw

 つい先日のこと、エビの天ぷらをいただきました。
私の味覚はボケてるどころではありませんが、口に入れてすぐに赤えびだと思いました。ブラックタイガーと赤エビの違いがわかる山の猫。
外食はめったにしませんが、えびの天ぷらが出てきた時に、それが車海老といわれ食した時に、もしも違ったら?
山のにはわかります。なんということでしょう(・∀・)天ぷら油の酸化度までわかります。
しかし、青汁と水の味の違いがわからぬとはorz

 味覚や嗅覚のメカニズムは完全に解明されているとは思えないなぁ。などと秋の夜長を過ごしながら思うことでした。

 メールアドレスはサクってしまいました。追いつかないのですみませんです。悪しからずm__m
あたくしのブログの更新頻度は低いのですがそれでも読み返してくださっている方には感謝いたします。より感謝しているのはコメントにあります。コメントの中に苦しい思いや処方されている薬の種類などを書き込んでくださっています。味覚嗅覚の喪失等で悩んでおられる方はどうぞコメントも参考にしてください。
情報は共有しながら、さらには新しい情報などもコメントで知ることができるとブログを読むよりも短時間で知ることができます。

 これから乾燥する時期になりますね。ニオイがわからない方にとっとは不便な季節になってきますが、焦らずに「まぁこんなものか。」と心を太平洋くらい広く深くして自分の苦しみは少しでも散らしましょう。


 風邪などから味覚嗅覚障害を起しやすくなる時期でもあります。明日は我が身という人がおられるかもしれません。
なので、未病という意味でも体調管理だけはしっかりやりましょうね。
風邪、蓄膿症、怪我に注意です。

 寒い朝に感じていた清々しいニオイは脳裏に焼き付いております。いつか季節の香りを感じられるようになればいいなぁくらいで山の猫はぼっちら参ります。明日があるかどうかもわかりませんが(汗)(;´∀`)

 それではみなさま良い夢がみられますように。おやすみさまでございます。


ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

日記

嗅覚味覚に異常があるうえに・・


真夏の暑さになりましたにゃ。
都市部の熱さはコンクリートだらけという街のつくりとエアコンの室外機から出る熱で温室効果に拍車がかかり年々熱帯夜が多くなっているような気がするにゃが、みなさまにおきましては真夏の夜の恋で熱くなっていませんかにゃ?山の猫ですこんにちは。=^_^=


「暑さは彼岸までらしいので、簡単にそう思っておけばよいと思うニャ」という発想は医者初心者の初診診療と似てると山の猫は思うにゃり。
いきなりこんなことをかくとは何なんだ?最近のできごとをちょっと愚痴のように書きたくなったにゃで、ここで愚痴ブログ書いちゃいますにゃ。

えーっと、・・・。
ホルモン関連専門の病院に行ったときににゃ、問診票には今飲んでいる薬や自分の体にどういうことが起こっており、以前の血液検査ではこういう異常な数字が出たから今回はこういうことが心配だからまたは気になるから受診するんですぅ!!とかいいたくなるにゃ・・素人ながらわかる範囲で一所懸命自分の症状を問診書に書いたとしても医者の診療はズゴーック簡単なものですにゃん。部位に触診、ちょっとお話したことを目の前のパソコンに向かってパチパチパチと打ち「では、検査が終わったらお帰り下さい。結果は次回来院されたときに。」終わり。おわりなの?これで?具合が悪くてきてるのに?血液検査の記録も持って行ってていくつかの病気が特定されててその一つはチラージンで対応できるってわかってるのに?

終わりにゃんか?えーーーーっ!!?
インフォームドコンセントなどという言葉はそこにはにゃいっ!!にゃーい_(:3」∠)_
病院の理念はどこにいったのかにゃー?_(:3」∠)_何それ?って感じ。空しい理念にゃ。

山の猫は思いました。どれほど専門性が高くても患者を診るということを忘れている医者はダメだぁって。他の疾患が絡まない病気とは違うのだから、せめてこの病気に絡みそうな他の疾患くらい押えとけにゃ。
患者が多すぎて心に余裕がない状態になることによって患者をしっかり診ることができないのであれば完全予約制にして5時間待ち5分診療になることは避けるべきだろにゃ。

暑さ寒さは彼岸までw感情の高ぶりだってひとときなのだ。いつか過ぎ去るのである。

とはいえ、この病院のおかげさまでありがたいと思っている患者さんも多いんだろうなぁって思いながらヒューマンウォッチングを病院の片隅でしていた山の猫でございます。
山の猫は何十年も前にこの専門性の高い病気になっていたことがあったにゃ。だからその関連の初診でどういう診療があるのかは知ってるつもりなのだ。その時の先生がご健在ならばその先生のところに行ってたにゃよ。もういらっさらない😿
薬の調整が必要な病気はたくさんあるにゃね。薬の調整をしなければならない場合はできるだけ近くに病院をみつけたいものですにゃ。
良い病院というより、やはり良い先生をみつけなければにゃ。
外に出るのも億劫だった山の猫は意を決して電車に乗ったんだが、こりゃ失敗にゃったー(*´Д`)
あーこりゃこりゃ(*´Д`)マイッチンGU


半年に一度診ていただいている関節の先生にお会いしたばかりだったので、尚更医師の能力とか人間性とか医師としての力量の違いを感じてしもうたなぁ。関節の先生は世界のその専門の医師もご存知なくらい有名な先生にゃが、触診をしながら患者にわかるように関節の状態をお話してくれるにゃ。何より先生に会うだけで痛みが無くなるくらいのスペシャリストなドクターにゃ(=^・^=)


嗅覚や味覚の障害にはストレスも関係していると思います。
悲しい時に食べたアイスクリームはしょっぱいですにゃ。。。
あ・あれは〜あれは〜・・涙の味にゃった〜(;'∀')
どっちみち美味しい味の記憶として味覚処(みかくどころ)記憶倉庫には入らないにゃい。

今や体の痛みよりも脳みその中がフラダンスを踊っているような症状の方が深刻になりつつあるにゃ。
けれども、もしかしたら本来の味がわかって美味しい美味しいっていいながら食べ物をくちにできたとすれば元気が漲って病気をふっ飛ばしてくれるのかもしれない。

悩ましい夏到来です。

どんな病も発症した人にしか体感することはできない訳でほとんどの医師は文献や患者の様子や患者の訴えからのみその病を知るのだと思います。治療法も然り。

お医者としては、患者ひとりひとりは皆深刻に病気と向き合っているということをご存知かもしれないけれど、今一度再確認していただきたく候。見た目ではわからない味覚嗅覚障害を持ちながら他の病気にかかっている場合は尚更のこと精神面においては複合して辛いということも知っていただきたく候。
まあこんなことを医者に向かってはなかなか言えませんしね。ってか、そういう時間がとれないくらい一瞬診療である現在の病院事情に問題がありますね。医者が時間が無いオーラを出しているにゃで、患者側もしっかり説明などできませぬ。
たまたまこのような文章を目にしたお医者さまが、患者とはそれぞれ色々な重い荷物や病を持っているのかもしれないと意識し気遣いいただけるようになるならば幸いでございます。(=^・・^=)/ニャカニャカ
心の余裕のある医師が少しでもよいので増えますように。
医療の質ってのは技術もさることながらそこだと思うな。国も優秀な医師を一定数保持できるように処遇改善されたし。事情は良く知っておるからの、お医者さまは大変にゃりな。

さあ空梅雨の東京はもう間もなく梅雨明け宣言ですにゃ。(関東は7月初旬には梅雨明けしてたんじゃないかにゃ?)湿度がある今のうちに多くの食材を食べてみようではありませんか。わからなくてもいい試してなんぼの味覚嗅覚障害のおいらの挑戦の夏だもん。

味やにおいを過去の記憶にとどめたままではもったいない。先はもうしれているとしてもにゃ、あの味をもう一度の希望の火は消したくないにゃで。

喉が渇いているかいないかを確認することよりも一定時間に一度は水分を摂りましょう。
味覚嗅覚障がいがあると、水分を摂ることを忘れがちです。ほんとうに忘れてしまいます。喉が渇いたーって思った時には何時に水分を摂ったかを確認してみてね。
山の猫は6時間くらい水分を摂ることを忘れていることが多々あります。
やばいですにゃ(=^・・^=);汗)

みなさまも気をつけてくださいね(=^・^=)/


ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

<< 1 2 3 4 5.. >>


Powered by Seesaa