嗅覚がなくなってからの私の日々 > 日記 > 元号が変わりました。令和元年

日記

元号が変わりました。令和元年


味覚が変わったみたいですにゃ。
間違ったにゃ。元号が変わりましたにゃ。
変わらないものにゃど無いに等しいと思っております。
容姿や体型は変わりたくないと思っている山猫です(´・ω・`)が、願い虚しく年々老化しております。
間違えました。毎秒ごとにでした(=^・・^=)/
昭和の味の方が懐かしいと思う山の猫です。今晩にゃ。
皆様におかれましては新元号になってからお変わりないでしょうか。

10連休で何ができるかな?と思っていたら、半分休みが終わりました。
普段いない山の猫の夫が家にいるので体調が良くないにゃ(=^・・^=)orz(=^・^=)
あ、つい正直に言ってしまったにゃが、世の中の旦那様方ごめんにゃさいm__m個人差がありますからね、何とも言えませんけれど通常モードの日の方が山の猫の体調が良いのは事実です。精神的なものはさまざまなことと繋がっておりその影響はやる気や根気にも影響が出ます。
しかしながら連れは連れ。一緒の名字を名乗るようにしたのだから仕方ねぇにゃ(=^・・^=)

そこで、現実逃避になるかどうかはわからないけれども山の猫は映画ばかりを見ておりました。
Amazonプライムで無料で見られる映画ばかりを鑑賞。その内容といえばアメリカとソ連時代(ロシア)の諜報員が出てくるスパイものとか、内戦に関係するスパイものとか、とにかくスパイが酸っぱいいっぱい出てくるドキドキする映画ですにゃ。

フレデリック・フォーサイスの本が我が家にはあるのですが、彼の著書は日本人の平和ボケに警鐘を鳴らすような作品ばかりにゃんよ。
映画化されたジャッカルの日はテレビで昔見たにゃん。
味覚障害とは一見関係無いのだけど、スパイものの映画を見ているとさまざまな事象の裏の裏のまたその裏まで想像させられるといった意味で、思考の回路がちこっと変わるにゃん。
本を読むのも良いけれどせっかくアマゾンプライムに入ったので(笑)

何が大切なのか何を信じれば良いのか、真実はどこにあるのか?!
時間との戦いは体の中にもありますにゃん。いつかいつかやらなきゃと思っていたことを思っているだけじゃやらないままに人生が終わってしまいそうと自分が思っている間に、人の体の中ではいっときも休まずに行動している臓器ばかりなのだと思えますにゃ。要らない臓器など何ひとつない。ただ、感覚が無くなってしまった体の部位があったとしても簡単には腐らないのは自分の体の中で働いている臓器のおかげさまなのですにゃ。体の中には良いスパイがたくさんいるんですね。
味覚や嗅覚が一度失くなったとしても何らかのかたちで変化を起こしてくれるのも良いスパイのおかげなのかもしれません。

この10連休を日本ではのほほんと暮らしておるかもだけど、世界情勢のニュースを見ていると食べたくても食べ物が手に入らない人や武力衝突で味覚や嗅覚を失くしてしまった人もおるやもしれんと思うとき、他人事では無いにゃりと山の猫は思います。なんとかならないものかにゃ?
アフリカや中東の内戦のニュースを見て悲しくなっている山の猫です。スパイは何しとるん?(´;ω;`)あ・・。

日本は、あと4日したら5月病の始まりかにゃ?orz
美味い食べ物を味わって食べられる人は、食を通して病を跳ね除けてくださいまし。
味がわからない人はなにか好きなものを愛でることを通して楽しみて病を跳ね除けてくださいまし。
10連休にブログ更新(笑)何処にも行かないし・・。行けないしだったw

あと半年したら寒い寒いと言っている季節になります。時は止まっておりません。
山の猫はできるだけマイペースを維持しながら令和元年を過ごしたいと思いますにゃ(=^・・^=)/~~~
皆様も無理は禁物にゃりよ。できるだけで良いので自分なりにペースを崩されないような策をとりましょう^^
ではまたにゃり🐾

令和元年・最初のブログ記事・・・・・スパイwス


ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

<<春。halu。 | 嗅覚がなくなってからの私の日々トップへ | 最近の出来事>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

Powered by Seesaa