嗅覚がなくなってからの私の日々 > 日記 > 味覚や嗅覚がおかしくなると精神的にもおかしくなるか

日記

味覚や嗅覚がおかしくなると精神的にもおかしくなるか



2018年の春から先、大雨によって被災された方々、亡くなられた方々を思うと切なくなります。
みなさまにおかれましては、日々楽しみを持って生きておられますかにゃ?
山の猫ですこんにちは。


味覚や嗅覚がおかしくなると精神的にもおかしくなるか?ってか?
なりますとも。経験すれば理解できると思います。想像してもなかなかこればかりは理解していただけないかもしれませんが、本当に精神面に影響が出ますので、もしもご家族や知り合いに味覚や嗅覚に異常が出ている方がおられた時はどうか心中を察してあげてくださいませ。お願いします。


それでなくても、精神的安定というものは、些細なことで崩れてしまうものですにゃ。絹ごし豆腐よりもろいにゃす。
長く生きてきた人々は、より険しい山を越え、より大荒れの海原をさまよい、より高い壁を越えたりブチ壊したりしながら、みなさまそれぞれに自分の年齢分の歴史を振り返ることができると思います。それは個人差はあれども経験値となりその先に来るやもしれない苦境を乗り越えるための糧となると山の猫は思います。
時は命そのものであり生きるとは時間そのものであるのだぞと、我が家のリアル猫さまが私にそのことを告げてこの世を去りました。
多くの辛いこと悲しみや痛みを経験したつもりでも、もっともっと辛い悲しい痛いはあるのかもしれないと、山の猫は思っておりますにゃ。
自分が辛い分には辛いで済みますが、他を見て辛いと思う方が、辛い天秤にかけたとき、より重く感じますにゃ。

どんなに辛く悲しい思いを経験してきてもなかなか強くはなれませんにゃ。以前よりも弱い自分に気付かされることもあります。
それでも、こうやって応援して下さったり、思っていただけていると思うとなんとも表現できないほどに嬉しく、また心強く思いますし、
暖かい涙が流れることがある山の猫出ございます。

今まさに苦境の中に立ち、道しるべを探しまわっている人がこの世には沢山おられることは事実だと思います。
そんな夏は過ぎ秋を迎えました。

世の中は目まぐるしく変わりますが山の猫の味覚はゆ〜っくりと変わ・・ったかな?微妙ですわ。
青汁を飲んでみましたが、水と同じでした。舌触りが少し違うくらい😂これから先は舌触りで判断しますわw

世の中の数ある仕事をコンピューターそれもAI搭載の頭が良く学習する個体が人間の代わりになろうとしております。
ニオイの世界もコンピューターにデータを打ち込み学習させる時代になっていくのでしょうな。
味覚障害の種類は多いので、ぜひともその全てのデータを入力した上で学習していただければ猫としては嬉しく思いますにゃ。
さらに、病気怪我を含めてどのような精神状態であるかを察知して上手に励ましてくれる人型ロボットができたら、そこいらへんの医者よりも的確な診断とやさしい言葉をくれるかもしれませんね。ぬくもりのある手もつけてくださいまし。
なんだか寂しい世の中にありつつありますな・・。とも思いながら書いております。

人は人に支えられるもので人の温もりのある言葉で勇気づけられて抱きしめられて愛を感じるものだと思いますが、それもこれも変わっていくのでしょうかね。ついでに「あなた、口臭します。」なんて言われたら蹴り倒したくなるやもしれませんがw

つい先日のこと、エビの天ぷらをいただきました。
私の味覚はボケてるどころではありませんが、口に入れてすぐに赤えびだと思いました。ブラックタイガーと赤エビの違いがわかる山の猫。
外食はめったにしませんが、えびの天ぷらが出てきた時に、それが車海老といわれ食した時に、もしも違ったら?
山のにはわかります。なんということでしょう(・∀・)天ぷら油の酸化度までわかります。
しかし、青汁と水の味の違いがわからぬとはorz

味覚や嗅覚のメカニズムは完全に解明されているとは思えないなぁ。などと秋の夜長を過ごしながら思うことでした。

メールアドレスはサクってしまいました。追いつかないのですみませんです。悪しからずm__m
あたくしのブログの更新頻度は低いのですがそれでも読み返してくださっている方には感謝いたします。より感謝しているのはコメントにあります。コメントの中に苦しい思いや処方されている薬の種類などを書き込んでくださっています。味覚嗅覚の喪失等で悩んでおられる方はどうぞコメントも参考にしてください。
情報は共有しながら、さらには新しい情報などもコメントで知ることができるとブログを読むよりも短時間で知ることができます。

これから乾燥する時期になりますね。ニオイがわからない方にとっとは不便な季節になってきますが、焦らずに「まぁこんなものか。」と心を太平洋くらい広く深くして自分の苦しみは少しでも散らしましょう。


風邪などから味覚嗅覚障害を起しやすくなる時期でもあります。明日は我が身という人がおられるかもしれません。
なので、未病という意味でも体調管理だけはしっかりやりましょうね。

風邪、蓄膿症、怪我に注意です。

寒い朝に感じていた清々しいニオイは脳裏に焼き付いております。いつか季節の香りを感じられるようになればいいなぁくらいで山の猫はぼっちら参ります。明日があるかどうかもわかりませんが(汗)(;´∀`)

それではみなさま良い夢がみられますように。おやすみさまでございます。


ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

<<なんと、もう2018年初夏?違うよ(ΦωΦ) | 嗅覚がなくなってからの私の日々トップへ | 2019年 平成 最後の 元旦>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

Powered by Seesaa