嗅覚がなくなってからの私の日々 > 備忘録 > くさい?香害も?無臭がいいのか?

備忘録

くさい?香害も?無臭がいいのか?

2017年の冬がすぐすこでございます。
乾燥の季節ですがみなさまにおいては味覚嗅覚に変化がありましたでしょうかにゃ?
乾燥するとニオイは薄くなる〜w味覚も薄くなる〜にゃね。
山の猫ですこんばんにゃんこ。(=^・^=)

男を上げる新技術。できる男のニオイマネジメントを実現するKunkun bodyってやつを予約しておりますにゃ。
あたくしはどうでも良いのですが中年男性の夫からどんなニオイがしているのかあたくしにはわかりませんし、会社で女性職員に嫌がられてもいいんですが迷惑をかけていたら申し訳ないですから。
今月11月中には届くはずなんです。

耳の後ろからニオイはするらしいですな(''ω'')
ほう。

けどみんな過敏になりすぎですよ。
山の猫は嗅覚錯誤によって化粧品や洗剤はくっさいと思うけれども無臭を求めるのは間違いよ。

なぜなら本当の無臭を知らない人ばかりだからにゃ。
ほんとうに何も匂わない時期を過ごした山の猫は、自分がこの世にいるのかいないのかさえもわからないくらい茫然としたにゃでな。
集中力ゼロですよ。朝起きたときに全くにおいがしない。部屋のにおいも新築の家の木の香りも何もわからないんですよ。頭がおかしくなりますにゃ。精神破壊にゃよ。ほんまに。ここは?どこ?あたしは?何?の世界です。ほんまよ。


化学物質過敏症は別としてね、それはほんとに免疫の問題があるから気をつけてにゃ。
人に限らず動物ってのはにおいがあって当たり前ですがな。
口臭が気になる人は歯医者に行け。ワキガが気になるんだったら皮膚科に行けば現在ではそのニオイなかったことにってできるんですよ。
山の猫としてはワキガはまだにおいがわからない(笑)
ちなみに今年のカメムシさんも臭いませんでした。
カメムシのニオイの記憶はあるんで、カメムシをつっついてニオイを出させたつもりなんですが、やっぱりニオイがしませんのっほっほ。
あぁ、そうか、この手のにおいはまだまだね。

ってことでニオイを気にしすぎの日本人ですが、妙なニオイがある時に香りの強い洗剤で洗った服を着てるとニオイは混ざるからね。
もうそんなのどうでもいーじゃんと思うにゃよ。
ちなみに前にも記述したけれど「松のちから」は臭くない。界面活性剤が入っていないから泡立ちが悪いけれど、はこは工夫して今も使わせていただいております。
工夫とは?500ccボトルに少しの松のちからを入れてお湯を少し入れてカシャカシャと振りますの。
するとあ〜ら不思議泡が立ちます。時間が経つと泡はなくなるんで、使う時にまた振るのであります。
ティーツリーを使ったシャンプーとかもあるようですね。殺菌作用があるらしい。こういうのも界面活性剤が入っていないものがほとんどなので安心して使えますにゃ。

何につけても自分のにおいを気にするよりもその神経を植物とか花とか自然の風に向けて見ませんか?
精神の好循環に役立つ自然のものに注目しようよ。
と、今回は香害と無臭化について書いてみました。
自然のものが一番にゃ。ヒバの木のにおいとかさ、木工所が近くにあったら行ってみにゃされ。
リラックスできますぞ。多分ね。こればかりは個人差がありんす。
日本製の割り箸を焼いて焦がして墨っぽくなったものをわさび醤油でいただくと旨いんだよぉwwwやりましたともw
うまいw

今年もあとわずかです。日々悩んでばかりじゃもったいないにゃよ。
インフルエンザとか見えないものに気をつけよう。
インフルエンザウイルスこそニオイがすればいいのにな(=゚ω゚)ノ
とか言っちゃうよ(笑)

嗅覚や味覚のツボは鼻っぱしらにゃ。それと不思議と手の中指の第一関節あたりを押すとか言われておるみたい。山の猫もついツボ押しするんですが指関節が腫れてて今はそれもできずorz
味覚嗅覚障害は気からってか?
それもあるかもしれないけどにゃ。怪我や風邪、ストレスやさまざまな病気、がん治療の副作用等などから起こるものですにゃん。生まれつきの方もいらっしゃるのです。病気も怪我も数知れず千無量大数(100の71乗)😂

ではみなさままたにゃす。
新製品ってやつは慎重に選ぶにゃよ(=^・^=)/


ブログランキング

人気ブログランキングへ


☆嗅覚がなくなってからの私の日々のトップに戻る☆

<<嗅覚味覚に異常があるうえに・・ | 嗅覚がなくなってからの私の日々トップへ | なんと、もう2018年初夏?違うよ(ΦωΦ)>>

この記事へのコメント

  • かりん
  • 2018年02月21日 16:06
  • 以前コメントさせて頂いたかりんと申します。
    私は匂いがわからなくなり6年目になり、もう半ば諦めている様な状態です。
    先日ある友人が、旦那の加齢臭が嫌だと言い、思わず私は嗅覚障害でわからないとカミングアウトしたら「い〜な〜。その鼻ほし!」と言われました。
    その後も度々「その鼻ほし」と言われ・・かなり落ち込んでいます。
    私からすれば、加齢臭でもトイレの匂いでもどんな臭い匂いでも感じる事ができれば、どれほど嬉しいか・・って思っているのにです。
    嗅覚障害になった頃は、義母の介護もあった時期で「臭い匂いが分からないように神様がしてくれたと思ってありがたいと思わな。」とか「臭いのがわからんでええやん」とか言われ、嗅覚障害の辛さに輪をかけてかなり落ち込みました。
    今更ながらですが、今でもやはり辛いです。
    身近に嗅覚障害の人もいず、誰にもわかってもらえないどころか、無神経な言葉に悲しくなります。
    愚痴ってしまってすみません。
    山の猫さんのブログを読ませてもらって、いつも元気をもらっています。
    これからも楽しみにしています。




  • 山の猫
  • 2018年04月03日 16:11
  • かりんさんへ
    リプライが遅くなりました。
    ほんとにごめんなさい。
    「その鼻ほし」ですか。できることならあげたいですよね。交換してよと言いたくなりますよね。
    人は自分が経験した時に初めて知ることがあることを忘れているんですよ。
    そんな無神経な言葉をかけられたときには、
    「いいよ、あげるよ。」ってくらい言いましょう。山の猫もそのようなことをよく言われておりました。臭いニオイがわからないって便利だねなどといわれ、その度に落ち込んでおりました。なので、かりんさんの気持ちは手にとるように自分のことのように感じます。そんなときに屁でも出してやりたくなりました^^かりんさん、一緒に元気だしていこ!
    コメントありがとうございました(=^・^=)/

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Powered by Seesaa